安倍氏の米議会演説 韓国政府が「歴史省察」求める(聯合ニュース)
安倍晋三首相が4月に訪米する際、米議会の上下両院合同会議で演説することについて、韓国政府は24日、「過去の歴史に対する真摯(しんし)な省察を示すべき」と求めた。

 外交部の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は同日の定例会見で、「わが政府としては今年終戦70年と韓日国交正常化50周年を迎えることを踏まえ、日本政府がこれまで繰り返し公言してきた通り、歴代内閣の歴史認識をそのまま継承し歴史問題に対する真摯な省察を見せることを期待する」と述べた。

 安倍首相は4月26日からの訪米時に日本の首相として初めて米上下両院合同会議で演説する。
(引用ここまで)

 先日に「韓国外交部高官」から同じようなコメントがあったときには、「まだ報道官が正式コメントしているわけではない」とエントリに書きましたが
 これであればまだ負けシナリオであったとしても、広げた風呂敷を畳むことができたんですよ。
 「そんなコメントはしていない。韓国政府は常に日本に対して歴史に対して反省を求めているが」くらいの後付けコメントでなんとかできたでしょうね。
 こうやって公式に定例会見で話しちゃったら、安倍首相の議会演説で歴史関連の発言がなかったときになんの言い訳もできない。

 韓国マスコミは黙殺するかもしれないけど、海外マスコミはそうじゃないだろうしなぁ。
 「安倍首相の米国議会演説で韓国政府が望むような歴史への省察は出てきませんでしたが、ご感想を」って言われたら答えざるを得ない。自分のコメントなんだから。

 日本政府に圧力を加えようとしているのかもしれませんが、現状の日韓関係でこんなコメントが日本政府へなんらかのメッセージとして伝わるわけないのにね。
 ただの挑発行為に受け取られるだけですよ。 
 なんで負け戦のことをいっさい考えずに、こんなコメントができるんだろ。

 旧来の「どんなことであろうとも韓国の言うことを受け入れる日本」という構図に戻そうとしているのでしょうが、もう日本は韓国のことなんて顧みていないのですよね。
 なにしろ、「価値観を共有していないただの隣国」なのですから。