新古里3号原発のオペレーティング許可決定延期... UAEに違約金危機(総合)(News1/韓国語)
新古里3号機の運営許可するかどうかが来月に先送りになり、韓国電力がアラブ首長国連邦(UAE)に違約金を課せされる可能性が濃厚になった。

  原子力安全委員会は26日、ソウル世宗路の原安委で開かれた第37回全体会議で「新古里3号機の運営許可について」審議の結果、次の会議に再上程することと決定したと明らかにした。  

  この日の会議には、9人の原安委員のうちキム・イクジュン委員とジョ・ソンギョン委員が個人的な理由で参加しない中で行われた。原安委は昨年から12回にわたって専門委員会の新古里3号機審査・検査状況を報告を受けた。 2月には現場点検を実施し、去る19日開かれた会議では、審査・検査の結果を報告して議論した。

   新古里3号機は、韓国型第3世代原発のAPR1400が適用された原発である。 140万kW級で、韓国が2009年にアラブ首長国連邦(UAE)に輸出したものと同型の原発である。運営機関である韓国水力原子力が、2011年6月原案作動許可案を申請した。  

  契約主体である韓国電力はUAEに契約を締結し、遅くとも今年の9月までに商業運転を介してAPR1400の安全性を立証することを約束した。もしこの時期を渡す場合、毎月、工事費の0.25%に達する違約金を負担すると明らかにした。韓国が独自開発したARP1400モデルが契約時に商業運転経験がなかったために、このような違約金条項が明示された。

   当初、韓電と政府などは違約金を支払う事態が発生しないであろうと予測をしていた。しかし、原発ケーブル納品不正と密陽送電塔事態が発生し局面は転換された。違約金を支払わするおそれがないと予想していた内部でも最悪の場合、巨額の補償金を支払わなければならない憂慮が提起されてもいた。  

  新古里3号機の最初の竣工予定日は昨年8月だった。しかし、2013年4月JS電線が新古里3号機に用いた電力ケーブルの試験成績書が偽造されたという情報提供が原安委に送付され、さらに同年10月のパフォーマンス再試験で不合格判定を受けたために全量交換を行い、竣工が遅くなった。ここで2013年密陽送電塔事態によって新古里3号機の送配電設備の建設が遅れた。さらに悪いことに、昨年末の建設現場で3人の作業員が窒息死したために新古里3号機のオペレーティングを許可する審議は中断し、延期されていた。

   原安委の運営許可承認が出されればオペレータである韓水原が試験運転を開始することができる。

  試験運転から通常の商業運転まで通常6ヶ月かかることを考慮すると、この日の原安委による審議延期決定に韓電はUAEに違約金を支払わなければならない状況に直面したこととなる。  

  原安委は新古里3号機がAPR1400型のはじめての運用であることを考慮し、十分議論するために次の会議に再上程を決めることにしたと説明した。  

  原安委関係者は「新古里3号機と既存原発とは違いがあり、事業者の運営技術力と計測制御系のサイバーセキュリティ適合性などを集中的に議論した」とし「試験成績所偽造によって新規に交換されたケーブルのインストールの経過について韓水原から報告を受けることにした」と述べた。
(引用ここまで)
新古里3号原発

 画像はnews1から。新古里三号原発です。

 UAEへ原発を輸出する際に「2015年9月前にUAEに輸出したAPR1400が韓国国内で2015年9月までに稼働しなかったら、UAEに違約金を支払わなければならない」という項目がありました。
 原発輸出はイ・ミョンバク政権の重大項目のひとつで、いわゆる「新しい輸出産業」としてどうしても創出する必要のある分野でした。

 そのため、UAEからはかなりめちゃくちゃな条件を突きつけられていたのですが、それをすべて飲まされたのですね。
 「60年継続稼働保証」「韓国軍からの警備員(?)派遣」「韓国側が逆ざやとなる低金利貸し出し」、そしてこの「稼働遅延時の違約金協定」。
 当初は新古里3号は2014年に稼働する予定だったので、「まあ、大丈夫だろ」ってことでそんな契約をほいほいとしてしまったのですね。

 で、起きたのが原発内で使用されているケーブルの証明書偽造
 そして、送電線を作るなら土地を高く買い取れという送電塔騒動

 ……UAE、なんか内部情報知ってたんじゃないですかね、これ。

 で、今回は違約金の額も確定しました。
 毎月、総工費の0.25%を支払わなければならない。

 あ、いま「なーんだ、そんなもんか」って思いました?
 このUAEへの原発輸出の総工費、かつて4基で186億ドルという報道がありました。今日のレートで2.2兆円。
 その0.25%。1ヶ月遅れる毎に4650万ドルです。今日のレートで55億円。たとえば半年遅れるとしたら330億円。
 この違約金、どこが出すんでしょうかね。

 韓水原? 韓国電力? 韓国政府?
 まあ、どこでも公社なので最終的には韓国政府の負債に組みこまれるのですけどね。