【社説】自画自賛ばかりの韓国外相・尹炳世(朝鮮日報)
【記者手帳】韓国外交トップの「非外交的」な話法(朝鮮日報)
韓国外相、米中間でのかじ取りに自信感(朝鮮日報)
 韓国外交部(省に相当)の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は30日、高高度防衛ミサイル(THAAD)の在韓米軍配備およびアジア・インフラ投資銀行(AIIB)への参加決定などの問題と関連し、政府の外交政策に対するさまざまな批判について直接反論した。尹長官は同日、外交部庁舎(ソウル市光化門)で行われた在外公館長会議の席上で「深く考えもしない無責任な批判を気にする必要などなく、粛々と進むべき道を進めばよい」と前置きし「非常に困難な外交問題、いわば高次方程式のようなものに取り組むときは、1次あるいは2次に単純化しようとする見方に執着する必要などない」と発言した。尹長官はさらに「国内の一部では19世紀、あるいは冷戦時代のような思考で、わが国(韓国)をクジラのけんかに右往左往するエビ、あるいはサンドイッチ状態などと見なす声がある」「このような敗北主義的、自己卑下的、さらには事大主義的な考え方にとらわれ、われわれが持つ力量や潜在力を考慮しない批判に対しては、毅然(きぜん)かつ堂々と、われわれの立場を説明してほしい」とも訴えた。
(引用ここまで)
 尹長官はソウルの外交部庁舎で行われた在外公館長会議の開会式で「われわれの戦略的な価値により米中の双方からラブコールを受けていることは、ジレンマではなく、祝福たり得る」と述べた。韓国政府はこれまで、中国主導のAIIBへの参加や米国のTHAADの国内配備問題をめぐり、戦略的にあいまいな態度を取ってきたが、尹長官はこれに対する批判に真っ向から反論したわけだ。

 尹長官は「韓米関係と韓中関係を同時に最上の状態で維持することは困難だと思うかもしれないが、アジア太平洋地域は中国と米国の両方を受け入れられるほど広い」「AIIBへの参加決定はハイレベルな外交力が発揮された代表的なケースだ」などと述べた。
(引用ここまで)
 ヅラことユン・ビョンセ外交通商部長官、だいぶ鬱憤がたまっていたようですね。

「AIIBの参加決定は(韓国の)ハイレベルな外交力が発揮された代表的なケース」
「韓国を鯨の間のエビやサンドイッチとして扱うのは敗北主義、自己卑下、事大主義」
「米中の両方からラブコールを受けている韓国は祝福されている」 
「韓国の戦略的価値が高い」

 といった発言を連発。

 以前にこの地政学的なサンドイッチ状態を「いやぁ、まさか『韓国が中国とアメリカにモテモテ!』なんて勘違いをしてないよね」って書いたことがありましたが。
 そのときに「こんなこと考えていたりするかな。いや、いくらなんでもそれはないか」という思いで書いたのですが。
 まさか外務大臣自らそんなことを思っていて、しかも誇らしげに記者会見でアナウンスするとは。

 まだまだ韓国ウォッチは奥が深い。というか、闇が深いというべきか。
 この記事が4月1日に発信されたものだったら「あはは、ナイスエイプリルフール!」で終わらしていたところですよ。
 珍しく今年はエイプリルフールネタで「ユン・ビョンセ外交長官、すべて自毛であることをDNA鑑定で証明」とか考えていたんですが。
 質的にはそれを上回るすごさですよね。

 大韓モテモテ民国。