[ファクトチェック] 「桜論争」中国まで...本当の起源はどこ?(JTBC/朝鮮語)
[アンカー]
これほど質問を投げるほどに私たちも本当に気になります。桜の原産地が韓国なのか日本なのか。毎年この時期に出てくる議論ですが、今年はここに中国まで割り込んました。もしかしたら、科学的議論ではなく自尊心の戦いとして拡がった状況で、思ったより簡単な問題ではないようです。今日(31日)ファクトチェックで正しく一度掘り下げてみるとします。

キム・ピルギュ記者、中国の話はのちほどにしましょう。まず、韓国と日本の間には主張がどのように交錯しているのですか?

[記者]
まず、桜の種類を申し上げようと思います。桜にはいくつかの種類があり、通常のものは葉が最初に出てきます。このような場合、見た目もよくないし、花の大きさも小さくなります。それできれいではないつもりです。

原産国論議がされているのは、まさにこのソメイヨシノです。サイズも15〜20mていどにまで成長することができる大きな木であり、またまず花が一斉に開花して、一度に一気に散る情景が見られるため、観賞用として人気です。

この王桜を置いて日本が原産地であり、韓国にあるものは日本から渡ってきたと主張しており、韓国では「もともと韓国にあったもので、自生種である」と対立しています。

[アンカー]
それぞれの話に根拠があるのでしょうか?

[記者]
まず、日本のソメイヨシノ、「ソメイヨシノ」という種ですが日本の学界では、これが自国で育ってくる桜と大島桜が交配されたという研究結果を出しました。済州島桜とは何の関係もないということでしょう。

韓国では1908年にフランス人の神父が済州島で最初に標本を採集したが、現在までに王桜の自生地が存在するところ、発見されたのは韓国だけです。
また、日本植民地時代の1933年には日本の学者が「ソメイヨシノは済州島で起源した」は、論文を出したんですよ。
日帝時代であるため、簡単に思ったのかはわかりませんが、だから王桜の起源は日本ではなく韓国という主張が出てくるようになったのです。

[アンカー]
これにより、済州島の王桜と日本のソメイヨシノ、二人は外見上区別がありますか?

[記者]
それで私は準備をしてきました。このふたつの写真のひとつは済州の王桜、もうひとつはソメイヨシノですが、いかがでしょうか? おわかりになれますか?

[アンカー]
分かると思います。右がソメイヨシノですか? 違いますかね? (はい、そうです)どのように当てたのか知りたいのですか? (はい。)なんとなく決めました。見分けられなかったので、なんとなく決めてしまったのですが、うまく正解できましたね。

[記者]
今ご覧のように区別がうまくできません。ですから、済州の王桜とソメイヨシノは専門家たちも肉眼では区別ができないとしています。

[アンカー]
そうですか? 私は見分けられたのですけどね。

[記者]
(アンカーが)専門家でもできないことをやってしまって私もかなり驚いたんですが、このように区別することがことができないから、各国では、一度遺伝子分析に入ってみました。韓日ともに試みたんです。

2007年には、米国農務省が遺伝子の調査をしました。ふたつのサクラの木は、このようにかなりの類似性を見せているにもかかわらず、別の種である。遺伝子的に他の種であるとの結論を出しました。
しかし、だからといって、この論争がみんな終わったということにはなりませんでした。

まだ日本ではソメイヨシノの自生地が発見されておらず、そして他の種同士の交配されたものであることをみると、その根本的なものは済州島の王桜である可能性があるという主張もまだ可能です。

[アンカー]
腕が内側に曲がる(訳注:「身内びいきをする」というような意味のことわざ)というよりも、とにかくさきほどの王桜をみると、その威勢がとにかく堂々としています。先祖のようです。私の考えでは。(以下中国が入ってきた話)
(引用ここまで)

 先日のハンギョレの記事を扱ったエントリを書いた時に「どうも韓国人はソメイヨシノとそうでない桜を見分けることができないっぽい」という話をしました。
 さて、今回のJTBCの画像も見てみましょう。
 記者もアンカーもどっちがソメイヨシノか分からなかったそうですよ。

someiyoshinoVSwanbonam

 ……いやいやいや。
 この小さい画像でも一発で分かるよねぇ。

 ちょっと画像を大きくしてみましょうか。

someiyoshinoVSwanbonam2

 韓国人には分からないかもしれませんが、日本人であればすぐに分かります。
 桜に対する慣れ親しみの度合いが違うのですよ。

 これまで確実な「これが王桜だ!」みたいな画像というものがあまりないのですが。
 「王桜である」という木を見るとどれも樹勢がソメイヨシノとは大きく異なるのですよね。
 ソメイヨシノは横方向に枝を張るのですが、王桜とされている画像を見るとどれもシダレザクラのようにだらりとたれているのです。
 この画像もそうなのですけども。

 そもそも韓国人も王桜ってものを見たことがない……というか、韓国人の中ではソメイヨシノが王桜なのか。
 日本人によって植えられたソメイヨシノを、「これが王桜」と思ってみているから、差異が気にならなくて当然ってことなのでしょうね。 

 番組の最後のほうで「去年、60代男性がソウルで『桜は倭色文化だ』といって切り倒した」という話も出ているのですが、植民地時代を過ごした人間や、その人間から直接話を聞いてきたような高齢者のほうが、本当のことを理解しているのかもしれません。