韓国首相「日本の起源は百済…日本の歴史歪曲、絶対許せない」(中央日報)
韓国の李完九(イ・ワング)首相は9日、日本文化庁が最近韓半島(朝鮮半島)古代史の一部である三国時代を日本の支配を受けた任那時代と表記したことについてさらに強く批判した。これは異例とも言えることだ。李首相は「手のひらで天を隠す(以掌蔽天)」「鹿を指して馬と為す(指鹿為馬)」などの故事成語まで動員して日本を叱責した。

李首相は同日午後、政府ソウル庁舎で予定にはなかった記者会見を自ら要望して開き、「日本の歴史歪曲は(我々民族の)民族魂を否定するもの」としながら「いかなる場合でも歴史歪曲は絶対に許してはいけない」と述べた。これに先立ち、日本は文化庁ウェブサイトで三国時代の韓半島から搬出して日本が所蔵している23点の遺物のうち、8点を任那時代の遺物だとする説明を添えている。

該当の遺物が、実在した三国時代と出土地である慶尚南道昌寧(キョンサンナムド・チャンニョン)などは意図的に削除した。4世紀後半に日本が韓半島南部に進出して加耶(任那)に日本部という機関を設置し、6世紀まで百済・新羅・加耶を支配したといういわゆる「任那日本府説」に伴う歴史歪曲を進めているものだ。

李首相は「安保・経済的には日本と協力して未来志向的に進んでいくとしても、歴史はツートラック(two track)で行かなければならない。歴史問題では事実(Fact)に基づいて我々の立場を堅持しなければならない」と強調した。 (中略)

特に、道知事時代に歴史学者である洪潤基(ホン・ユンギ)博士に要請して執筆された百済関連の歴史書物3冊(『百済は大きい国』『日本の中の百済(ペクチェ)、百済(クダラ)』『日本の中の百済、奈良』)を会見会場に持参した。

李首相は「日本で会った熊本県知事も百済崩壊当時、数十万人の百済遊民が九州にやって来たと話した。私が知事だった忠清南道公州(コンジュ)と扶余(プヨ)は百済王朝だった。歴史的真実を見れば日本の起源は百済」と強調した。李首相は「奈良県の東大寺にある日本王室遺物倉庫である正倉院がなぜ公開されないのか今でも疑問」と話した。日本王室の起源が百済という事実が立証されることを恐れて日本が正倉院を意図的に開くことができないという意味だ。
(引用ここまで)

 韓国政府の首相が「日本の起源は百済だ」って発言したそうですよ。
 そのひとつの証拠が『百済崩壊当時、百済遊民が九州にやってきた。これが日本の起源だ』だって(笑)。

 ま、確かに百済滅亡で日本にやってきた百済王氏っていう貴族がいましたけどね。
 稀に業績があれば従三位に遇してもらえて、天皇に謁見できる昇殿ができたっていうていどの中級貴族ですよ。
 そもそもが持統天皇から賜姓してもらっている時点で、日本のシステムに組みこまれているのですが。

 あとホン・ユンギが歴史学者だって……。
 あほか。
 ただの文学者です。
 「新嘗祭は韓国語で理解できる」って説を提唱している、いわゆる韓国起源説を唱えている輩ですけどね。
 いわゆる「ゆかり発言」の時にも間の抜けたコメントをしていました。水野俊平の韓国人の日本偽史でぼっこぼこにされているので、そちらもごらんくださいな。

 韓国ではまともな歴史学者の声っていうのはすごく小さくならざるをえないのですよね。

 しかし、こうやって韓国の政治的な序列でトップを形成する中のひとりが、こんな風に「日本を叱責」するような話を出せば出すほど、韓国が根本から嫌われていくのです。
 イ・ミョンバクからこっち、日本が嫌韓に一気に流れていったのは「韓国人の実際の姿」を知ったからなのですよ。
 ま、それはそれでまったくもって悪い話ではないのですが。
 真の意味で、「よい日韓関係」の幕開けとなったわけですしね。

脱亜論 (現代語訳) +時代背景解説
明治18年3月16日時事新報社説
底辺
2013-12-09