韓国の市民団体が日本大使公邸前で会見、一時もみあいに(朝鮮日報)
 愛国国民運動大連合は同日午前7時30分、ソウル市城北区城北洞の日本大使館公邸前で記者会見を開いた。会見には団体の会員とみられる10人前後が出席した。

 団体は「日本は大韓民国の主敵だ」「大韓民国政府の強硬対応はたったの0.1秒」などと書かれた横断幕を掲げ、さらに旭日旗や安倍首相の顔、「大韓民国の歴史を東北工程よりもひどく侮辱する安倍に死を」などと書かれた横断幕を地面に敷いて会見を始めた。

 団体は「日本はわれわれの領土について、日本の外交青書と白書に『竹島』と記載して自分たちの土地だと主張してきたが、今度は百済や新羅まで属国だったと主張し始めるなど、(中国による)東北工程よりもひどく(韓国の)歴史に傷を付けている」「これはかつての植民地時代、われわれの歴史を抹殺しようとした政策と全く同じだ」などと主張した。

 さらに「ところが(韓国)政府と外交部(省に相当)は日本の動きに対し『強硬対応する』と0.1秒反応したが、それ以外は何もしていない」「日本は自分たちの歴史と、かつての誤った部分を美化し、他国の歴史まで書き換えようとしている。今月29日に安倍が米国の上下院合同演説で何を言うか見守り、それに応じて対応する」とも訴えた。

 会見直後、参加者らは安倍首相の顔が描かれた横断幕を燃やそうとしたが、これは警察に止められたため、横断幕の安倍首相の目に棒を突き刺した。

 さらに日本大使館の関係者が周辺に姿を現すと、参加者らは大声を上げながら駆け寄りもみあいとなった。警察は集会の参加者らに対し「会見を装った違法集会」として解散を要請した。
(引用ここまで)

 ことある毎に「日本には嫌韓本があふれているのに、韓国にはそんな本はない。日本は異常な状態だ」なんて言っている輩がいるのですが。
 「安倍首相の目に棒を突き刺した」「大使館の関係者が姿を現すと、参加者は大声を上げながら駆け寄りもみあいとなった」なんていう連中のいる韓国と、冷静に書籍から韓国の状況を知ろうとしている日本。
 どっちが異常なんでしょうかね。

 百歩譲って安倍首相なり日本国民なりに対して憎悪を燃やすのはいいですわ。
 思想の自由も言論の自由も日本にはありますからね。
 でも、大使館関係者を襲撃しようとするって……。

 「そういう人たちもいます」ならどっちもどっちなのですが。
 まるで韓国に反日は存在していないかのように語られても、とうてい無理のある話なのです。
 あるいは「韓国の反日はキレイな反日だ」とかね。
 反日にキレイも穢いもないのですよ。

 もうひとつのパターンは「彼らは特殊だ」ですかね。
 特殊かどうかなんて関係のあることですかね? そこに彼らが存在し、暴力をふるおうとする。それで充分に反日であると思いますが。
 それと各種世論調査でもね。
 「韓国は反日じゃない」なんて言わせませんよ。どんなに小さく見積もったって、国の憲法前文に「反日活動で我々は成立した」って書いている以上、あまねく反日が存在するのが国是でしょ。