1952年−84年生まれの韓国人、約半数が年金受給できず(朝鮮日報)
 韓国は1988年に国民年金制度を導入し、2005年からは退職年金制度を施行している。

 韓国保健社会研究院は22日「多層所得保障体系の受給権の構造と給与水準の展望」と題する報告書で「2011年末現在27−59歳(1952−84年生まれ)の男性と女性各1000人の連金受給率を推計した結果、このうち49.3%が国民年金も退職年金も受給できないことが分かった」と説明した。調査対象者のうち、国民年金と退職年金の両方を受給できる人は29.3%にとどまった。

 また、年金受給の「死角」に追いやられる人は、男性よりも女性の方が多いことが分かった。国民年金と退職年金の両方を受給できない男性は33.3%だったのに対し、女性は64.7%で、男性の2倍近い数値となった。
(引用ここまで)

 あー……。
 こういうのをあざ笑ったり、揶揄したりする気にはなれないのですよね。
 ただただ、「大変だなぁ」とは思いますが。

 この年代の韓国人といえば、ソウルオリンピック前後の高度成長期を支えてきた人たちですよ。
 それが無年金。
 そもそも制度がなかったっていうのが大きいのですが。それにしてもね。

 こういう韓国の状況がバッカスおばさんを作り、世界最悪の高齢者層自殺率を生み出しているのです。

 その一方で韓国の国家債務はまだそれほどひどい状況ではないのですが。
 それはこういう無年金であったり、笑ってしまうほどに低い(大幅に増額されて3万円レベル)年金といった低福祉制度に支えられているのです。
 原発や船舶や道路と同じことです。
 安全係数を削ることでやりくりしているので余裕があるのです。数字的には。

 まあ、これもひとつのセウォル号沈没事故といえるかもしれませんね。

磯野家の年金
「磯野家の年金」編集部
2012-12-09