「日本を信頼する」68% 「韓国を信頼する」49%...アメリカ人 「当然のことだろう?」(東亞日報/朝鮮語)
安倍晋三日本首相は訪米期間(4月26日〜5月3日)に多くの歓待を受けたが、日本軍慰安婦問題などの第二次世界大戦当時の戦争犯罪について「反省と謝罪」を要求するデモ隊とあちこちで直面していた。ニューヨークタイムズ(NYT)ワシントンポスト(WP)ウォールストリートジャーナル(WSJ)といった米有力メディアは、過去を直視するように批判的アドバイスを書き連ねたし、米議員らも安倍総理を圧迫する集団声明を出した。

歴史的に見ると日本は1941年に「真珠湾空襲」を介して米国土を最初に侵略した国だ。これに対抗して米国は1945年に広島と長崎に原子爆弾を投下するというすさまじい報復をした。一方、韓国と米国は共産主義勢力の南侵に対抗して血を流した「血盟」である。そんな韓国民の視点から見ると「韓国と日本が争うのであれば、米国は韓国側の味方になると思われる」といったところだろうか。

しかし、米国民が持っている韓国と日本に対する認識などを調査した最近の世論調査の結果によると、米国民は韓国より日本をもっと信頼しているものと出てくる。なぜそうなのか。

韓国と韓国国民が認めようが認めまいが、そこには「不都合な真実」が隠れている。

○韓国より日本をもっと信じるアメリカ人
先月7日、米世論調査専門機関ピュー・リサーチセンターは、第2次大戦終戦70周年を記念して、米国と日本国民1000人を対象に、両国間の周辺国に対する信頼度を調査した。その結果、米国民の68%が「日本を信頼する」と回答した一方、「韓国を信頼する」と言った回答者は半分にもならない49%に過ぎなかった。

この結果について記者が接したアメリカ人や在米同胞などの反応はより衝撃的だった。一言で「当たり前のことではないか」という答えだった。非営利団体に勤務するある韓国系アメリカ人は、「韓国民は民族的感情のために日本を卑下したり、見下す傾向があり、米国社会で日本は『もっとも先進で高級感のあるアジア国家』のように認識される」と述べた。

アジア系企業で働くアメリカ人ジョン・ハーバーティス氏(38)も「日本は『効率(efficiency)の国』と米国のビジネス業界に刻印されている」と述べた。日系アメリカ人で、ニューヨークに住んでいるアイリーン手島さん(43・女・会社員)は「アメリカ人の同僚や友人から『日本に出張に行ったり旅行に行ったときに迅速かつ効率的な日本人に感動した』という話をよく聞く」と語り、「そのような印象が米国の『日本信頼』につながったことはないか」と述べた。

実際にピューリサーチセンターの調査でアメリカ人に「『日本と言えば浮び上がる単語』が何なのか」と尋ねると、1位が寿司(すし)であった。 2位の自動車、3位第二次大戦、第4位の技術、5位友人であった。日本関連連想ワードトップ5のうち負の印象があるものは2次大戦だけだった。

匿名でコメントした国務省のある関係者は、「魚を生で食べなかったアメリカ人に刺身と寿司を食べる習慣をもたらした国が日本」とし「現在、寿司は米国のホワイトカラーのサラリーマンの『高級感のある健康的な食事』として完全に定着している」と述べた。また、トヨタ、ホンダ、日産などの日本車のブランドもアメリカ人の日本認識をよくするために決定的な役割を果たしていると付け加えた。

○日本の過去の問題に寛大な米国
日本との歴史問題の深刻性に対する認識調査でも、米国民の認識は韓国民の期待とは大きく異なっている。さきほどのピューリサーチセンターの調査によると、「日本は第2次大戦当時の行動(戦争犯罪)について充分に謝罪した」と述べた回答者が37%にもなった。 「謝罪の必要はない」との回答も24%に達した。このふたつを合わせると半数を超える61%の回答者が、日本が過去の歴史について謝罪する必要性を感じないと回答したのである。 「謝罪が不十分である」との回答は29%に過ぎなかった。

さらに注目すべきは「日本の謝罪はすでに十分である」+「謝罪が必要ない」という回答が18~29歳の若いアメリカ人の間では73%となり、より高くなるというものである。これは日本の過去の歴史謝罪問題がややもすると「被害国である韓国+中国vs加害国である日本+第三者米国」、すなわち「韓中vs日米」の構図となる可能性さえ含んでいるということが専門家たちの指摘だ。

ピューリサーチセンターが2013年のアジア主要国を対象とした国民意識調査によると、韓国民の中で「日本の謝罪が十分ではない」との回答はほぼ絶対多数の98%に達する。韓国民と米国民の認識の差がほとんど対極にあるわけだ。アジア諸国の中で中国だけが「謝罪が十分ではない」(78%)、「謝罪が十分か、謝罪する必要がない」(6%)で、韓国と似たような認識を示した。

このような日​​本の対韓国認識が莫大なロビーや文化広報資金等を介して、ワシントンにも広がっていると複数の外交消息筋が伝えた。ニューヨークのある消息筋は「『日本は米国側、韓国は中国側』という組み分け式世論糊塗作戦が水面下で存在しないということはできない」とし、「そのような二分法の構図が韓国としては最も悪いシナリオになるだろう」と述べた。

ウォールストリートの大手銀行に勤務する役員は、「韓国の対中国経済への依存度が高まっているのも『韓国が米国よりますます中国に傾くことはないか』との認識をアメリカの社会に与える要因のひとつ」と分析した。ダニエル・スナイダースタンフォード大学アジア太平洋研究センター局長は最近、韓日関係報告書で「日本の管理者の間で『韓国は中国側』という認識と『韓国疲労感(Korea fatigue)』を吐露する声がますます高まっている」と述べた。

▼「コリアブランド、北朝鮮のために傷ついている」▼
「北朝鮮の核問題を聞いたことがある」81%...アメリカ人、南 - 北正しく区切らができず。

(中略・訳注:北朝鮮と韓国を混同しているために韓国にも悪印象を抱くアメリカ人が少なくないという話題)

これは短期間では解決できない問題である。その対策としてどうすべきだろうか。米国内の専門家に聞いてみるとアメリカの大衆を相手に「韓国の魅力」を知らせる社会・文化・芸術外交、すなわち「公共外交(Public Diplomacy)」を強化しなければならないという声に集められる。この過程で、米国社会の中で、数の力において日本人(約130万人)を上回っている在米同胞(韓国系アメリカ人・約170万人)を積極的に活用する必要があるという指摘である。
(引用ここまで)
対日意識調査

 安倍総理の演説に対して、「アメリカは韓国のいう正義をとり、圧力を加えるはずだ」と確信している……確信していたというエントリを書きましたが。
 そのもうひとつの理由として朝鮮戦争で「血盟」であったということも挙げられるのでしょう。
 少なくとも韓国人の中では。
 太平洋戦争で日本と戦ったのだから、日本を信頼していないだろうという前提が韓国にはあるのですよね。
 だからこそ、真珠湾攻撃の写真を使って意見広告を出したりしたのです。
 「日本はおまえたちの敵国だろう!」「こちらは血盟国だぞ!」と。

 でもまぁ、実際の国に対する信頼度を見てみたらこうだったというお話。
 実際問題、中国に圧倒的に肩入れしている自分たちの状況が見えていないのでしょうね。
 そんな韓国と日本、どっちが大事なんだって二者択一を迫られたらそりゃ未来を構築しようとしている日本とだってなるに決まっているのですが。

 簡単にいえば「自分たちが日本を嫌っているから、他国も嫌っているに違いない」というだけの根拠で外交戦略を構築してきたのですよね。
 延々とパク・クネが各国において告げ口外交を繰り広げてきて、その成果としてアメリカで結実したのが安倍総理の両院議員総会での演説だったわけです。

 まあ、これもひとつの韓国の手による成果……ですよ。望んだものであったかどうかは別として。