韓国と日本 漁業指導取締実務協議を開催(聯合ニュース)
韓国海洋水産部は11日、釜山で7〜8日に2015年漁期(今年1月20日から来年6月30日まで)韓日漁業指導取締実務協議を開催したと発表した。

 韓国からは同部の梁東ヨプ(ヤン・ドンヨプ)指導交渉課長が、日本からは水産庁の廣野淳指導監督室長が出席した。

 協議で韓国側は、日本の水域で韓国漁船に対する夜間臨検など無理な取り締まりを自制するよう求めた。これに対し日本側は、操業条件や入漁手続きの順守を漁船に指導するよう要請した。

 韓国の排他的経済水域(EEZ)で操業する日本漁船の多くは企業型の大型漁船だが、日本のEEZで操業する韓国漁船はイカやタチウオ漁をする小規模漁船が多い。このため、相手国のEEZで操業する漁船の数は日本より韓国のほうが3倍程度多い。

 同部は相手国のEEZでの入漁手続きの違反について、日本漁船はここ数年間ほとんどないが、韓国漁船は毎年10回以上起こしていると説明した。
(引用ここまで)

 韓国側が「日本の海保に韓国漁船が拿捕されすぎているから捜査を緩和しろ」と言い出してきた……と。

 まあ、基本的にとんでもない話ではあるのですが。
 でもこれ、別に新しい話でもないのです。
 以前から韓国は日本のEEZでの捜査権を譲渡しろとか、検問が厳しすぎるだとか言い続けてきているのです。
 日本のEEZで操業する漁船からGPSを外させろっていってきたのは記憶に新しいところですかね。

 要するに以前から徹底して「日本のEEZで違法操業させろ、合法的に」って話をしてきているのですが、毎度毎度日本側が突っぱねるっていう構図。
 あたりまえですが。

 韓国では自国海域で海洋資源を穫り尽くした上に、中国漁船の違法操業にもやられて青息吐息。
 なのでまだ多少なりとも漁獲の期待できる日本側海域での操業が頼みの綱……ということなのです。
 特にヌタウナギとかは日本ではほとんど食用にしませんからね。
 そうそう、「どうせヌタウナギは食べないんだから、好き勝手に韓国漁船に穫らせろ」って言ってきたこともあったなぁ。

 そんな輩とまともにつきあう必要はどこにもないのですよね。
 日韓漁業交渉が打ち切られてからは、けっこうおとなしかったのですが。
 まあ、いつものように懲りるということを知らない人たちですね。