韓国の宣教師団体「ヒンズー教を信じたからネパールに地震起きた」発言が論議(イートゥデイ/朝鮮語)
韓国の宣教師団体がネパール地震を経験した地元の人に「ヒンドゥー教を信じてから惨事が発生した」と明らかにした事実が知られて非難世論が激しく起きている。

去る9日、ネパールの現地メディアオンラインでは「救援活動を行うために韓国から来た人々が、災害に苦しんでいるネパール被災者にビタミンいくつかの卵と聖書を伝えている」とし「彼らはこのような災害は、イエスではなく、大きな巨人のようなヒンドゥー教の神々を信じて行われたことなので、イエスを信じなければならないとした」と報道した。

この媒体のノーブラ州ビーティオフ記者は「ラメチョップ州で発生したこのこと地域住民とネパールの識者たちは非常に怒っており、このような行為を直ちに停止しなければある種の行動に入るだろうと警告した」と明らかにした。

宗教分布でみると、ネパールは3000万人の人口のうち81.3%がヒンドゥー教、9%が仏教、4.4%がイスラム、1.4%がキリスト教を信じている。

48万人が見ているオンラインハーバルフェイスブックページには、これに関連しポスティングに5000人以上の人が「いいね」を押して、800余りのコメントをし非難する世論が起きている。記事原文のコメントにも韓国キリスト教を批判する内容があふれた。

ネパールのあるネチズンは「(論難が生じた)、彼らは本当のクリスチャンではない。彼らは偽りの教えを伝道している」と非難し、他のネパールのネチズンも「なぜ、彼らが困難な時期に宗教を強制的にする。これは、ソーシャルワーカーとボランティアとして奉仕する良い方法ではない。我々は、これらの偽の助けを必要としない。私たちは、あなたの助けが嫌い」と明らかにした。

国内でも非難の世論が広がっている。関連ニュースがSNSに中心に広がっていて、問題の救援団体フェイスブックにもコメントが走っている。
(引用ここまで)

 ああ、こういう「攻撃的宣教」を韓国人はよくやりますね。
 以前もリビアでやっていて、リビアとの国交が断絶寸前まで行ったことがありました。アフガンでタリバンに拉致殺害された韓国人もこういった攻撃的宣教師。

 アフガンだけでなくウズベクでも延々とやっていて、国外追放処分を受けたことが何度もあります。
 ついでに言うと、韓国国内でも仏教寺院に対してやっていましたね。  あ、この「攻撃的宣教」は韓国で実際にある用語です。キリスト教としてこういう用語があるのかどうかは寡聞にして不明です。

 土着宗教である儒教(朱子学)によって、韓国人は立場の上下の位置づけを異常なくらいの執拗さで行うのですよね。
 それでこういった話をよく出すのです。「原爆は神の懲罰」も同じ構造で語れるでしょう。
 ま、韓国ならではとはいえます。