明治産業施設の世界遺産登録 韓国がユネスコに懸念伝える(聯合ニュース)
世界遺産制度は加盟国結束に寄与すべき=ユネスコ事務局長(聯合ニュース)

韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は19日、仁川市内のホテルで国連教育科学文化機関(ユネスコ)のボコバ事務局長と会談した。朝鮮人が強制労働をさせられた施設を含む「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録について、韓国政府の懸念を伝えたとみられる。

 明治日本の産業革命遺産は全23施設で、このうち長崎市や北九州市などの7施設に朝鮮人約5万7900人が強制徴用され、うち94人が強制労働中に死亡した。ユネスコの諮問機関は今月4日、これら施設の遺産登録を勧告した。

 韓国政府は、強制労働の事実から目をそらし、単なる産業革命の施設として美化することは歴史をゆがめることになりかねないと懸念を示している。

 世界遺産登録をめぐる韓日の外交戦はすでに始まっている。韓国は登録の決定権を持つユネスコ世界遺産委員会の委員国を対象に、韓国の立場を説明しているとされる。

 日本も外務省の副大臣や政務官らを議長国ドイツなどの委員国に派遣。17日には、中山泰秀外務副大臣が委員会の副議長国であるジャマイカに向かった。

 登録の是非は来月28日からドイツで開かれる世界遺産委員会で決定される。
(引用ここまで)
来韓中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)のボコバ事務局長は19日、仁川市内のホテルで尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官と会談し、朝鮮人が強制労働をさせられた施設を含む「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録について、「さまざまな経路を通じ、韓国側の懸念をよく知っており、韓国側の提案で韓日2国間協議が開催されることを高く評価する」とした上で、「世界遺産制度はユネスコ加盟国の結束に寄与しなければならない」との考えを示した。外交部が伝えた。(中略)

 ボコバ事務局長には世界遺産の登録について実質的な権限はないが、韓国政府の立場を国際社会に喚起させるという意味で、この日の会談には意味がある。
(引用ここまで)

 さて、明治日本の産業革命遺産問題。
 韓国外相のユン・ビョンセがユネスコ事務長に会談で  ユネスコ本体、投票権を持つ加盟国を巻きこんだ全面的な外交戦と化してきました。
 どっちも一歩も退けない状況になってきていますね。

 ただ、以前も書いたように登録されようともされまいとも日本の負けは絶対にない状況。
 個人的にはこれで登録がなくなったら、どうなるのかを見てみたい気すらしています。

 それでなくとも嫌韓の空気が充満している状況。
 そこにこんな大きな火が入ったらどうなるのか。
 バックドラフトを起こすんじゃないかとビクビクしながら見ています。
 昔からの韓国ウォッチャーは一般人に置いてけぼりにすらされている感があるので。

 今週末にはこの件に関する日韓協議。
 出席が誰になるのかは分かりませんが、まずは協議内容をきっちり公開してほしいですね。

 そして韓国側も一歩たりとも引かないでもらいたい。ここは安倍首相のアメリカ両院演説の敵討ちだと思って。
 世界遺産登録されるかどうかは韓国の国連外交の成績表ですよ?