【社説】MERS危機の兆し…国家非常事態を検討すべき=韓国(中央日報)
昨日午後からMERS(中東呼吸器症候群)騒動が、国家的な大型災難に広がるかも知れない緊迫した危機状況をむかえている。朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は昨夜、緊急ブリーフィングで「MERSの疑いがある患者だったソウルのある医師が隔離通知にもかかわらず、1565人が参加する開浦洞(ケポドン)再建築組合総会やシンポジウムなど大型行事の場に数回出入りして不特定多数と接触した」と明らかにした。この医師はその直後MERS確診判定を受けた。また、この医者にMERSを感染させた2次感染患者が1時間30分の間市外バスに乗り、救急車を呼んで応急室に移送されたことが明らかになった。この2人のMERS確定患者の動線を考えるとMERS統制網が完全に穴があいた可能性を排除できなくなった。あれほど懸念してきた病院外の感染(地域社会感染)という災難が起きる可能性も大きくなった。 

  今、韓国政府は国民の命を守るために最悪の状況まで覚悟して国家的非常事態を悩まなければならない。MERS対応段階を「注意」から「警戒」や「深刻」に引き上げる非常措置まで検討しなければならないだろう。韓国国民はMERSというウイルスより政府の対処の方により不安を感じている。(中略)

今は国民の保健の危機ではない。国民の命がかかっている国家安保危機の状況だ。大統領の指示で民官総合対応TFを構成したが以前の福祉部傘下の民官合同対策班と大きく違っているようには見えない。民間の専門家が何人か増えたのが違いといえば違いである。初期対応の失敗に責任がある人々がそのまま参加している。今は国家的レベルでMERS戦争を遂行する民・官・軍・警の総合対策班が必要だ。軍医療スタッフや軍施設、警察力など韓国内すべての資源を総動員しなければならない。広域自治団体や地方自治体長も皆参加すべきだ。全国のすべての医療・公務員の人材を回してでもMERSが発生した地域に送らなければならない。隔離から漏れている対象者を捜し出して家の外に出られないように監視しなければならない。そうしてはじめて拡散の輪を断ち切ることができる。 
(引用ここまで)

 いやぁ、本当に韓国ウォッチングは常識が邪魔をします。
 ちょうど病気で休んでいる時に「MERSの感染が韓国で確認された」というニュースを聞いて「ああ、観光客がどこかで拾ってきたのかな。感染率も致死率も劇的に高いような病気じゃないからすぐにでも収束するよ」とか思っていたのです。
 空気感染ではなく飛沫感染ですし、まともに考えれば大規模感染はありえません。
 まともな対応ができる国民と国であったなら。

 ……まさかこんな事態になろうとは。
 確認された感染者数だけで5日現在で36人。その名の通り、中東がメインの地域疾患なのになんでこんなことにっていうのが感想ですよ。
 シンシアリーさんによると、「飛沫感染するMERSの患者を排気施設がない病室に閉じこめていた」ということらしく。
 もうね、いろいろとありえない事態が起きていますよ。

 でもまあ、考えてみりゃ口蹄疫の時だって、家畜を生き埋めにするとか、現金化するために食肉加工工場に畜産農家が大集合とか、ありえない事態を起こしていました。
 鳥インフルエンザでも「罹患した鶏を犬に食べさせて異種間感染」とかやってましたね。
 原発の放射線検出器でも同じようにありえない事態をさらしていました。
 お笑い韓国軍もそうですし、KTXの枕木総破壊も同じ構造ですよね。

 韓国では誰かが専門的な知識を駆使して物事にあたることが少ないのです。
 あくまでもやっているのは先進国のフリであって、実際には先進国になっているわけでもない。
 そんな振る舞いをさせられている哀れさには若干、同情しなくもないですけどね。
 民度の低さと、国民+政府の浅はかさに加えて、専門性の稀薄さがこの事態を醸し出しているのですよ。