【記者手帳】「MERSで国際大会を取り消すのはナンセンス」(朝鮮日報)
【時視各角】ラクダもいないのにMERS世界2位とは=韓国(中央日報)

 8日から、COEX(ソウル市江南区)で科学ジャーナリスト世界会議(WCSJ)が開かれている。全世界から科学、医学、環境分野の専門記者が集まるイベントで、2年に1度開催されており、アジアで大会が開かれるのは、世界科学ジャーナリスト連盟(WFSJ)の創立以来初めて。参加登録者は計1100人、このうち約450人は海外43カ国からやって来た海外の記者だ。(中略)

 今大会で「アジアの(感染症)ウイルスハンター」というセッションの司会を担当した『サイエンス』誌の専門記者は、フェイスブックに「妻と一緒にソウルに来て地下鉄に乗り、ソウルの文化を楽しんでいる。なぜ韓国人が街中でもMERSの感染を過剰に心配しているのか分からない。地域社会の感染もないのに、各学校が続々と休校するのが理解できない」という内容の書き込みを行った。科学記者だからなのか、彼らは地域社会における伝染病の流行と院内感染とを十分区別していた。幼い娘を会場に連れてきた記者もいた。

 このところ、MERSの余波を受け、韓国国内で開かれる国際大会を取り消そうという動きがかなりある。世界に恥をさらさないよう、早く大会を取り消せと焦りをあらわにする人が多いという。今回の世界科学記者大会で、事前登録までしていながらMERSを理由に取り消したというケースは、5件ほどしかなかった。主に台湾や香港など、韓国に旅行した後、帰国時に徹底した防疫検査を受けなければならない国の記者だった。記者が尋ねてみた海外の参加者らは、皆「韓国でMERSが広がっていることを理由に国際大会を取り消すのはナンセンス」と口をそろえた。
(引用ここまで)
4蔽韻謀狙するのか=世界保健機関(WHO)と米疾病対策センター(CDC)はMERSを「低い伝染性、危険な疾患」として公式に分類している。ネイチャーやサイエンスも「人間同士の感染は非常に困難だ」と報道した。潜伏期は伝染せず、ウイルスが肺に深々と棲息しているため容易に飛び出してこないためだ。SARS(新型肺炎)ウイルスも肺に空気を吹き込む人工挿管過程で広がった。MERSは院内感染が75%にもなり依然として伝染経路も「密接接触」というのが公認された学説だ。

ざ気で伝染するか=国際医学界は飛沫感染という公式見解を支持している。ただし、くしゃみを通した微細エアゾールで感染するかも知れないという少数意見もある。 (中略)

上記の5つの科学的結論を信じようが信じるまいが自由だ。当然、安心できる時まで安心してはいけない。だが、むだな恐怖でストレスを受ければ免疫力だけが落ちる。(中略)私は韓国の医療スタッフのレベルを信じ、個人的にMERSに打ち勝つことに1票を投じたい。
(引用ここまで)

 まもなくMERSが韓国で収束するのは間違いないでしょう。
 まあとりあえず今の韓国に行かなくてもいいというのも正論ではあると思います。わざわざ流行り病があるところに飛び込まんでもいいだろと。
 そういう意味ではいくつかの日本企業が「韓国への出張を自粛」をしているのも悪くはない話。 

 その一方で「もし、MERSが日本に上陸するとしたら中東からであろう」という話や、韓国での流行が疫学的に見てそう大した話でないのも実際なのです。「事態を注視する必要はあるが、現状で注意喚起は必要ない」でOK。むしろ口蹄疫のほうが怖いくらい。
 院内感染が起きてしまっているので、免疫的な弱者が多数含まれていて拡大しているように見えますけどね。
 MERSっていうのは、上にあるように実際にはそれほど重篤な感染症ではないのです。

 ここで語られるべきなのは、そんな風に「大した感染症ではないMERS」が、なんで一気に韓国で流行したのかって構造ではないかと思います。
 換気機能のない病室に呼吸器系の疾患患者を入院させたとか、香港に行った濃厚接触者が隔離を拒絶したとか、そういう部分は「アホか!」ってなって当然ですが。

 カエサルのいうように「人は自分が見たいと思っているものしか見ることができない」状況になっていないか、足下を見てみたほうがいい人間が多いように感じます。
 ろくに理解もせずに単に騒ぎたいだけっていう輩も多いんじゃないですかね。