独占スクープ:日本の安倍総理、東京での「韓日修交 50周年イベント」へ いきなり参加を表明(朝鮮日報/朝鮮語)
安倍晋三日本首相が22日、駐日韓国大使館主催で東京において開催される韓日修交50周年行事に参加することが判明した。

ソウルのある外交筋は21日、「安倍首相側から週末に急に参加するという意思を伝えてきた」とし「安倍首相は、大使館主催のイベントで修交50周年祝辞をすると聞いている」と語った

当初安倍首相は集団的自衛権の行使の法制化のための議会審議日程のために時間を割くことができないとしていたが、国会の了解を得て、しばらくのイベント出席の意向を示した。政府筋は「日本の政治システム上、首相が会期中に席を外すためには議会の同意が必要だが、『韓日国交正常化50周年イベントに参加』という名分があるので、野党も反対できないものと予想される」と述べた。

安倍首相が出席を決定することにより、パク・クネ大統領が日本大使館主催でソウルで開かれる50周年記念行事に出席するかどうかにも注目されている。大統領府は最近、朴大統領が参加しないとの意向を示していたが、状況の変化が生じただけ原点に戻ってまた悩む可能性が高い。政府筋は「通常であれば、このような頂上イベントは相互に進行されるが、今回安倍首相は独自に出席決定をしたと聞いている」と語った。

他の情報源は、「もし安倍首相は出席し、パク大統領は不参加となった場合、米国などの外部に「韓日関係の改善に日本は積極的、韓国は消極的」という印象を与えることもできる」と述べた。

もし、両国首脳の国交正常化50周年イベント相互参加が成立した場合、韓日首脳会談の開催など、両国の関係正常化の議論も急流に乗ると予想される。
(引用ここまで)

 正直、予想していました。
 以前書いたようにサプライズ参加すべきと思っていたのですが、国会会期中ですから前日での参加表明が精一杯でした。

 なぜこれが予想できたかというと、安倍総理の対韓外交というのは実は韓国に向かってやっているものではないからなのです。
 あくまでも韓国の向こう側にあるアメリカの意向を見据えてやっているものであって、言ってしまえば韓国の意向なんてどうでもいいのですよね。
 日米韓の三者首脳会談でも自らパク・クネに握手を求めて、韓国語で挨拶をする。
 頑なに首脳会談を拒むパク・クネに対して「こちらからは常にオープンな立場で首脳会三田を開催すべきだ」と言明する。
 そして、このイベントにもサプライズに近い形で参加する。
 一貫してますね。

 言ってしまえば、韓国……というか、パク・クネのメンツを潰すために動いている。
 告げ口外交を繰り広げるのであれば、その報いを受けるべきだという報復外交といってもいいですかね。
 ただし、その外面はあくまでも友好を装っているのです。
 前から思っていたのですが、安倍総理ってあまり日本人らしくない戦略を用いますよね。