韓国政府、韓日首脳会談開催の可能性に対して開かれた立場表明(中央日報)
韓国政府は23日、韓日首脳会談開催の可能性に対して開かれた立場を表明した。

魯光鎰(ノ・グァンイル)外交部報道官は同日の定例ブリーフィングを通じて「これまで明らかにしていた通り、首脳会談開催にオープンな立場」としながら「それだけに成功的な首脳会談の開催に向けての環境整備が必要だ」と述べた。

魯報道官は「このためには国交正常化50周年という意味深い年に残された懸案の進展に基づき、両国関係の好循環的な構造を構築するための努力が必要と考える」と強調した。

魯報道官はまた「環境整備のためには旧日本軍慰安婦被害者問題において、わが国民や被害当事者であるおばあさんたち、国際社会が納得できるような解決案が出されるべきだ」と述べた。
(引用ここまで)

 面白いです。
 この面白さは文章だとあまり伝わらないので箇条書きにしてみましょうか。

  1. 「韓国政府は日韓首脳会談開催にはオープンな立場だ」
  2. 「首脳会談の成功のためには環境整備が必要だ」
  3. 「環境整備のためには慰安婦問題において国際社会が納得できるような解決案が出されるべきだ」 
 polnarev
 あ、ありのまま(以下略)

 少しセリフが変わっているだけで、言っていることはパク・クネ就任以来なにも変わっていないのですが(笑)。

 昨日も「首脳会談をやってやるから安倍談話は分かってるな?」というエントリを書きましたが、それどころじゃなかった。
 関係改善をしてやったのだから、今度は日本が誠意を見せるべきだって話にすり替わっています。

 そんな関係改善は日本側にはなんのメリットもないってことをいつになったら理解するんでしょうかね。
 もう日本と韓国の関係は特別なものではなく、ただ単に隣にあるだけの国同士ということに早く気がついてくれたほうがお互いに幸せだと思うのですが。