【社説】韓日関係の進展、安倍首相の真の謝罪が第一歩(朝鮮日報)
 韓日関係が今新たな転機を迎えているのは間違いないが、それだけで本当の関係正常化に至ったわけではないことを、韓日両政府は忘れてはならない。日本メディアは韓国が外交面での孤立と経済面で窮地に追い込まれた状況から脱却するため、今になって日本に近づいてきたという見方を示している。これは韓日関係を以前と同じように、一方が何かを得れば他方が失うという「ゼロサム」の観点から見詰める間違った考え方であり、現実とも到底相いれない。これまでもこのような考え方や態度が韓日関係を難しくしてきたのだ。

 今後、韓日関係が実質的な進展を示すためには、何よりも安倍内閣が韓日関係の最大の懸案である従軍慰安婦問題でいかなる態度を示すかが重要だ。高齢となった元慰安婦女性たちはもちろん国際社会全体を驚かせるような成果が出せるよう、両国は知恵を結集しなければならない。また日本帝国が滅んで70年となる8月15日に、安倍首相は新たな談話を発表する予定だが、この談話において安倍首相は日本が本当に変わったことをあらためて示す必要がある。その第一歩は日本による植民地支配と侵略戦争に対する真の謝罪の言葉を明確に発することだ。
(引用ここまで)

 「日韓関係の進展は真の謝罪が第一歩」なのだそうですよ。だったら、そんなものは進展しなくてもいいというのが日本国民の多数の考えかたなのですけどね。
 読売新聞の世論調査で「韓国人は信頼できない相手である」という答えがあれほど増えた(73%)理由を理解したほうがいいし、同じ世論調査で「もう謝罪は十分にした」って答えが多数(76%)であることも理解したほうがいい。
 日本国民の大多数が「もう韓国なんか相手にしていたってはじまらない」っていう考えなのですよ。

 この2年半、いやイ・ミョンバクが「天皇謝罪要求」をしてからこっちなのでほぼ3年、日韓関係は最悪になってはいますがそれでなんの問題があるんだって話なのですよね。
 なんの問題もない。
 通商、行政、外交となんの問題もない。
 問題があるとしたらアメリカのアジアリバランス政策で、アメリカ側としては共闘してほしいところなのでしょうが。
 まあ、それも4月の訪米でほぼ懸念を解消することができた。「韓国についてはしょうがないよな、あれは」という形で。

 韓国もPPPのひとりあたりGDPが日本を越えることですし。
 韓国にとって5番目の輸出先のことなんか忘れて、他の重要な国のことを考えるとよいですわ。

 そもそもが真の謝罪ってなんなんでしょね。

 謝罪
 真の謝罪
 謝罪 最後の聖戦
 謝罪・ザ・ファイナル

 そんな感じで増殖していくのは間違いないのですよね。
 だったら最初からスルーで十分でしょ。韓国がどれだけ苦境に陥ろうが、知ったことじゃないのですよ。
 といったところで次のエントリに続く(たぶん)。