[オピニオン]韓中「抗日闘争史」見解の違い(東亞日報)
光復(解放)70周年(中国では戦勝70周年)の今年、両国で抗日共闘史を記念する動きが活発だ。独立記念館は今月から中国の広東革命歴史博物館と「黄埔軍官学校と抗日戦争」をテーマに展示会を開いており、四川省成都市も来月開幕する「外国人抗日烈士追悼特別展」に2人の韓国人戦闘飛行士を紹介する。これに先立ち、昨年7月の韓中首脳会談で、習近平国家主席が「中国の戦勝70周年と韓国の光復70周年を共同で記念しよう」と提案した。

しかし、現地ではこれとは違った微妙なムードも感じられた。最近、吉林省図們で開かれた鳳梧洞戦闘勝利95周年の記念式は、殺伐としたムードが漂っていたという。韓国と延辺朝鮮族自治州関係者約40人が参加した記念式に中国公安がやって来て、無線で状況を報告する姿が目撃された。

鳳梧洞戦闘は1920年6月7日、韓国独立軍と日本軍の間で起こった初めての大規模な激突だった。この戦闘で大勝を収めた独立軍は、活発な抗日闘争を展開することができ、金佐鎮(キム・ジャジン)将軍の青山里戦闘の勝利にもつながった。このため、記念式での公安の監視が、中国内の少数民族の民族主義の動きに敏感な中国政府の警戒を表しているという見方もある。

これに先立ち、長白山(白頭山の中国側領土)と満州地域を旅行した一部の韓国人が公然と「満州は韓国の土地」と叫ぶ姿が中国側を刺激したりもした。

特に抗日闘争史の研究でも、満州地域の韓国人の活躍を強調することに対して、「お前たちだけが日本と戦ったのか」と不満を表わす中国人が少なくないという。鳳梧洞戦闘記念式に参加したある要人は、「中国人が余計な誤解をしないよう気をつけるムードだった」と伝えた。

中国の地で展開した抗日闘争史を見つめる韓中両国の見解が完全に一致することはないだろう。しかし、共通の敵に対して共に血を流したという事実だけは歳月が流れても変わらない。互いへの信頼があるなら、長江の小さな支流程度のことは問題にならない。
(引用ここまで)

 鳳梧洞戦闘や青山里戦闘が「韓国独立軍の大勝利」って話はまだやっているんですねぇ。
 「日本軍と雄々しく戦って勝利した」という韓国の建国神話であって、事実がどうであれ譲れない大勝利なのですよね。
 シンシアリーさんが言うところの「反日が国是であり、建国の精神である」という根拠とでもいうべきものなのです。
 たとえ事実が日本側の損失が死者数名で数時間の単発戦闘であったとしても、それを元にした韓国の建国神話。

 いわば、鳳梧洞戦闘の式典というのは神社に参拝しているようなものなのですよね。
 でも、実際には日本軍の損失は最小限だったし、日本側は大した戦闘であったとは受け止めていない……あら、鳴梁海戦と一緒ですね。

 まあ、韓国国内でそういう話をしているだけならよいのですが、それを日本に対して「私は金佐鎮の孫だ」とか言われても困るのですよね。
 日本側としては「ああ、あの不逞鮮人の!」としかリアクションのしようがないので(笑)。

 中国も似たようなものなのでしょうねぇ……。
 迷惑まではいかないかもしれませんが、困惑している姿が目に見えるようです。

論文捏造 (中公新書ラクレ)
村松秀
中央公論新社
2014-07-11