朴大統領「MERS初期に防げなかった…対応体制備える」(中央日報)
朴槿恵(パク・クネ)大統領は24日、「MERSは韓国で初めて体験するラクダから始まった新型感染病で備えが不足しており、また、その流入と拡散を初期に防ぐことができなかった。今回の経験に基づいて新型感染病に効果的に対応できるよう組織や人材・制度を備えるようにしていく計画だ」と話した。

朴大統領は青瓦台(チョンワデ、大統領府)で米疾病統制センター(CDC)と米保健福祉省、世界保健機関(WHO)の防疫専門家5人と懇談会を行ない、MERS対応現況と新型感染病対応体系改編方向について議論しこのように明らかにした。懇談会にはCDCのスティーブ・レッド公共保険予防対応センター長、保健福祉省のホリー・ウォン海外問題担当首席副次官補、WHOのシルビー・ブリアン感染病局長、パク・ギドン西太平洋地域事務局局長、ブライアン・メクロスキー諮問官が出席した。朴大統領は、「韓国政府は強力な措置を施行しMERS終息にすべての力を注いでいる。MERSが終息すれば専門家とともに対応過程全般を振り返って問題点を分析し、また根本的な対策を用意するだろう」と話した。
(引用ここまで)

 無能政治家の典型的な言葉、「はじめてだから」いただきました。
 「なにぶんにもはじめてのことですので」って阪神大震災への対応を問われた村山富市が応えていましたが。国会答弁だったかな。
 伝染病の上陸にかぎらず、事件事故天災のどれもが同じわけがないのですよね。
 阪神大震災と東日本大震災だって違う。どれもがはじめての事態で、どれもがその当時の為政者の能力を問われる事態なのですよ。

 アポロ13号のクルーにNASAから「今回がはじめての事態なもので……」とか言っても、なんの慰めにもならないし意味がない。
 そんな言い訳するくらいならとっとと次の策を出せってことなのですよね。

 まあ、人の常として言い訳したい気持ちは理解できなくもないですけども。
 政治家としてそれをやったら二流以下、なのです。