【萬物相】日本の右翼とメディア(朝鮮日報)
 講演で百田氏は、沖縄の地方新聞が安倍首相の政策を批判していることを取り上げ「沖縄紙をつぶせ」と発言したという。問題の勉強会に出席していた議員らも、自民党の政策に批判的なメディアに広告を掲載させないよう、日本経済団体連合会(経団連)に圧力を加えることなどを提案した。酒の席でさえ口にしにくい言葉を、公の席で堂々と語り合うのが日本の右翼だ。このような人間たちは実は安倍首相の周辺にいくらでもいる。70年以上前、日本が軍国主義だった時代、日本のメディアは戦争をあおり、これを賛美していた。今はもちろん当時と状況は変わっているが、それでも右翼が考える「国策」にメディアが反対しているとみられれば、そのメディアには時に拳銃の弾丸が送りつけられることもよくある。

 今回の問題発言も、読売新聞や産経新聞など右よりの新聞各社は最初から報じないか、あるいは非常に短くしか報じていなかった。ところが問題が大きくなると、やむなくこれを報じるようになったようだ。両紙とも昨年、朝日新聞が慰安婦問題関連の記事を取り消した際には、これを待っていたかのように連日熱心に報じ朝日新聞を攻撃した。先日、日本の外務省ホームページにおける韓国についての記載から「日本と基本的な価値を共有する国」という内容が削除された。つまり韓国は民主主義の国ではないという見方が彼らの根底にあるのだ。このように日本の政権政党で自分たちに反対するメディアをつぶせといった言葉が公然と語られているのを見ると、「日本は韓国と基本的な価値を共有できない国」という言葉は、日本にそのまま返したい。メディアが政府や極端主義者を批判できない国がすなわち日本なのだ。
(引用ここまで)

 おや、それはちょうどよかったじゃないですか。
 日本は韓国を「基本的な価値を共有できない国」であると考えている。
 韓国も日本をそうやって考えている。

 そんな国同士が無理矢理、シャトル式の往復首脳会談をやったり、観光客を増やそうと努力する必要なんてないってことですよね。
 ただの隣国であって、別に親しくする必要がない相手っていうことで八方丸く収まりそうですが?
 
 パク・クネが就任してからの2年半、そうやってやってきてなんの問題もないのですよ。
 今度の「日韓関係正常化」とやらも韓国側の一方的な都合で行われているのですし。

 もっとも、日本政府はコラムで悪口を書かれたからといって、当該の記者を軟禁するような真似はしないと思いますけどね。
 最初にコラムを書いたところが擁護すらせずに、むしろ大いに「パク・クネマンセー!」って旗を振って報道弾圧を是認したような国だしなぁ、キミらは。

 「メディアが政府を批判できない国が日本なのだ」って、朝鮮日報が言うところがギャグなんですかね。
  唯一、大統領府の産経弾圧を批判できたメディアがハンギョレだけだったっていうのも含めて。