韓国の外交部長官「韓日懸案、進展すれば首脳会談の条件成熟」(中央日報)
尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は1日、韓日間の懸案の進展状況によって両国の首脳会談開催の有無を検討できると明らかにした。

尹長官はこの日、国会外交統一委の全体会議に出席して「韓日間の懸案がうまく進展すれば、首脳会談のための条件が成熟すると考えている」として「年末までに韓日中首脳会談を推進するので、そのような契機と条件の進展を見守る必要がある」と話した。

尹長官はまた旧日本軍の慰安婦被害の問題に関しては「現在、両国間にさまざまな分野で見解の差を縮めるための努力をしているが、日本政府が河野談話をどんな方法で、どれぐらい強調するのか関心を持っている」と伝えた。

彼はさらに「安倍首相が米国に行った際にした発言と8・15談話でどの程度の立場を明確に示すのかを見ている」として「いろいろと両国関係で注目している」とつけ加えた。
(引用ここまで)

 言っていることは外交部報道官とほぼ一緒

 慰安婦問題を解決したら、ご褒美に首脳会談をやってあげるとでも言わんばかりの上から目線。
 もちろん、それに伴って安倍談話も見守っている=韓国側の意図通りの談話にしろ……ってところですか。

 まるで日韓首脳会談がなかったら日本側が困るかのような物言いですが、どこをどう押したらいまの日本政府からそんな空気を読み取ることができるのやら。
 読売新聞の記事にあったように、「歴史問題にこだわる韓国は放置しておけばいい」というのが安倍政権の基本方針ですからね。

 韓国メディアからはまもなく慰安婦問題が解決されて、安倍談話で謝罪が述べられて、年内に日韓首脳会談というのが既定路線であるかのような話ばかりが聞こえてくるのです。
 日韓関係が「改善」されていくと。
 まあ、その「改善」の中味は「日本が韓国に対して跪く」っていう韓国人の願望を述べただけの薄っぺらいものであって、なんら意味を持っていません。

 さらに日本側の認識は「改善に向かっているとは思わない」とする人間が約6割。
 凄まじい勢いですれ違っていますね。

 このすれ違いがどこまで距離を取るものなのか見守りたいところです。 
 韓国側が思ったように物事が進まなかったときのリアクションとか、ちょっと見物だと思いますね。

大正製薬 プレリアップ スカルプシャンプー 400mL