「韓国の妨害なら許されない」延期に地元関係者ら(産経新聞)
審査持ち越しに日本困惑=日韓首脳会談に影響も(時事通信)

 世界遺産委員会で4日に予定されていた「明治日本の産業革命遺産」の登録審査が持ち越されたことを受け、登録決定の連絡を待っていた各候補地に驚きと落胆の声が広がった。日韓協議の難航が延期理由とされ、韓国へのいらだちをぶつける声も出た。(中略)

 「三菱長崎造船所」や「端島炭坑」(通称・軍艦島)がある長崎市も「『徴用』などの歴史認識に関しては自治体の問題ではなく国の問題」(世界遺産推進室担当者)との立場を強調。「先日の日韓外相会談を受けて事態が進展すると期待していたので、ここにきての紛糾には正直不安を感じている」と担当者は本音を漏らした。

 江戸幕府が大砲鋳造のため建設した「韮山反射炉」がある静岡県伊豆の国市。「韮山反射炉の世界遺産登録を支援する会」理事長の渡辺解太郎さん(77)は「韓国は一体何がしたいのか、理解に苦しむ。反射炉を世界遺産にするために、あらゆる努力をしてきた。もし妨害しているのであれば、許されないことだ」と怒りをにじませた。(中略)

 「橋野鉄鉱山・高炉跡」のある岩手県釜石市でも落胆の声が上がった。

 仮設住宅に住む主婦、菊池良子さん(43)は「世界遺産は地域の誇り。早く登録が決まってほしい。韓国も『協力する』といっていたのに何でこんなことになるんだろう」と首をかしげた。
(引用ここまで)
 ドイツで開かれている世界遺産委員会で、日本が推薦した「明治日本の産業革命遺産」の審査が持ち越されたのを受け、政府内には戸惑いが広がっている。6月の日韓外相会談で尹炳世韓国外相が登録に協力を約束していただけに、韓国側の強硬な態度は予想外だったようだ。
 外務省幹部は4日、「外相同士が協力で一致したのだから、まだその努力を続けている」と言葉少なに語った。
 審査持ち越しは、戦時中の強制労働の歴史をめぐる日韓の調整が難航していることが原因とみられる。政府関係者によると、世界遺産委での韓国代表が行う発言内容などに関し、なお両国に隔たりがあるという。話し合いが付かない場合、委員国による投票に持ち込まれ、韓国は反対に回る可能性が高い。
 政府は、安倍晋三首相と韓国の朴槿恵大統領による初の首脳会談を今年秋に行うことを目指している。世界遺産委での調整が決裂すれば、首脳会談開催に向けた動きに水を差すのは避けられない。政府関係者は「韓国の裏切りだと日本人には映るだろう。日韓関係への影響は計り知れない」と懸念している。
(引用ここまで)

 当然、該当地域の人々からは怨嗟の声が上がっています。
 そりゃそうでしょう。世界遺産に認定されたら観光地として成功したも同然ですからね。
 前にちょっと楽韓Webでも扱った読売の日韓50年の第1回でも、こんな文章がありました。

 「もし韓国の反対で登録に失敗すれば、記念すべき年に韓国に対する日本世論は取り返しのつかないほど悪化する」。
 でも、ユン・ビョンセの訪日で日韓が多数派工作を行う泥仕合はぎりぎり回避された……というものでしたが。

日韓50年上

 回避されませんでしたね(笑)。
 しかも、あのときはまだ「韓国が反対しているんだなぁ」くらいだったものが、ユン・ビョンセ訪日で一旦は「お互いに世界遺産登録へ協力」となったはずなのですよ。
 反対しているだけでなく、さらに裏切りで怒りも倍増です。

 今朝のエントリで「もう匙を投げましたわ」って言ったのは、こういう部分なのですよね。
 もう、日本国民の嫌韓は果てのないところまで進みます。うちら韓国ウォッチャーの想定を超えるところまで行くでしょうね。
 もはや世界遺産登録の可否に関わらず。

 登録されれば汎日本にはならないかもしれません。地域の人には忘れられない出来事になるでしょうが。
 これが登録されなかったら……どうなるだろうなぁ。焼き討ちはさすがにないと思いますが……。
 ちょっと想像できません。

 内閣府の「外交に関する世論調査」 はだいたい9月末〜10月くらいに行われるのですが。
 中国と同じ扱いになるか、もしかしたらそれを突破するかもしれませんね。