岸田外相「強制労働を意味するものでない」 財産請求権で韓国にクギ刺したが…(産経新聞)
 岸田文雄外相も5日夜、外務省内で記者団に「遺産群の果たした世界的な役割が広く世界に知られる契機になることを期待する」と述べた。

 日本政府は5日の委員会発言で、韓国側がこだわった「強制労働」に関し「forced to work(働かされた)」との表現を使用。岸田氏はこの表現について「『強制労働』を意味するものでない」と説明した。さらに、財産請求権の問題は完全に解決済みとする従来の日本政府の立場に変わりがないことを強調した。

 外務省筋によると、日本政府は、委員会での日本側の発言を裁判で使わないという確約を韓国政府に何度も確認したという。外務省関係者は「韓国内に(遺産の説明における強制労働の明記を主張する)いろいろな世論がある。ボンの現場での確認とともに、ハイレベル(閣僚級)でも確認した」と審議を1日先送りした背景を説明している。

 このため、岸田氏は記者団に「今回の日本政府の発言を日韓間の財産請求権において(韓国政府が)利用する意図はないと理解している」と述べ、韓国政府に冷静な対応を続けるようクギを刺した。

 ただ、韓国の趙兌烈外務第2次官は委員会で「今日の決定は(徴用の)被害者の苦痛を記憶に残し、歴史の傷を癒やすための重要な一歩だ」と発言した。さらに、記者団に対して「日本政府が朝鮮半島出身者の労働に強制性があったと認めた。交渉で合意した結果なので満足して受け入れる」と強調している。

 岸田氏は「韓国側の発言も事前に調整を行ったので問題ない」としているが、韓国政府の対応次第で再び日韓間の溝が広がる可能性は否定できない。
(引用ここまで)

 韓国がごっそりと負け分を削っていったのは確かですかね。負けがないところから、引き分けに持ちこまれた……ってところです。
 でもまぁ、60点じゃないかな。
 どうしても100点じゃないとダメって人もいるでしょうけども。

 韓国は「約束を反故にする姿を見せる」という毒を食らわなければ、この外交戦を戦えなかった。この毒はけっこう早めに廻ってきます。
 まずは遍く天下に韓国のやりかたというものを広められたことがよかったと思います。
 楽韓Webを見ている人には韓国のやりかたは分かっていたかもしれませんが、一般の人はそうではないのですよ。

 この記事にあるように、問題は今後の対応。
 揉めないわけがないのですけどもね。
 今回の話をテコにしていろいろ要求してくるでしょうが、全部を突っぱねられるかどうか。その対応によってはあと10点くらいは上積みできるんじゃないでしょうか。