「強制労働」と「働かされた」 韓日で異なる解釈=世界遺産(聯合ニュース)
韓国高官「強制労働の解釈は英文が原文」=世界遺産(聯合ニュース)

 戦時中に朝鮮人が強制労働させられた施設が含まれる「明治日本の産業革命遺産」の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産登録が決まったが、強制労働をめぐる韓日両国の解釈に食い違いがあり、論争が予想される。

 日本の佐藤地ユネスコ政府代表部大使は5日、ドイツ・ボンで開かれた世界遺産委員会での英語演説で、朝鮮人の強制労働の歴史について、「against their will and forced to work」などと発言した。これに対し、韓国政府は非公式の翻訳文(韓国語)を通じ、「本人の意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で強制され労役した」と解釈した。韓国政府当局者は「日本による植民地時代に本人の意思に反して労働させられたことを、日本政府が事実上初めて国際社会で公式に言及したことに大きな意味がある」と高く評価した。

 だが、岸田文雄外相は産業革命遺産の登録決定後、東京都内で記者団に対し、「強制労働を意味するものではない」と説明した。日本政府の仮翻では「意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた」と解釈。「強制労働」より低い水準の表現にとどめた。

 これに対し、韓国政府当局者は聯合ニュースに対し、「『意思に反し』『厳しい環境の下で働かされた』との表現は誰が見ても強制労働と解釈できる」と反論した。

 解釈をめぐる論争が拡大する場合、両国の関係改善にとって、悪材料になるとの懸念が出ている。
(引用ここまで)

 なるほど。
 force to workと、ILO(国際労働機関)で用語として用いられているforced laborは異なる、という立場か。
 と、木村幹教授談。


 用語の公式な取り扱いの違いってところですかね。
 ふむ、それなりには戦っているな。
 韓国政府高官が「英語が原文だ!」と騒いだら「その通りですがなにか?」と言ってやれ、ということか。

 まあ、木村教授はこのあとのTweetで「容易ではないかも」と言っていますが。
 それでも国民徴用令で全国民が合法的に押し並べてやっていたことだという説明はできますね。