世界遺産情報センター 「強制労働ではない」で推進=外務省(聯合ニュース)
「成熟した後続措置を」 対日関係改善に期待=韓国長官(聯合ニュース)
 外務省関係者は8日、聯合ニュースの電話取材に対し、世界遺産への登録が決まった施設の一部で植民地時代に朝鮮半島の人々が労働を強いられた事実を知らせる「情報センター」を設置する際には、岸田文雄外相が発言したように、「強制労働はなかった」という立場で関連情報を作成すると説明した。

 同関係者は日本の佐藤地ユネスコ政府代表部大使が5日、ドイツ・ボンで開かれた世界遺産委員会での英語演説で、朝鮮人の強制労働の歴史について述べた内容は強制労働を認めたものではないと話した。

 また、日本政府代表の発言は徴用一般に関する発言であり、徴用は強制労働とはみなさないという立場で世界遺産に関する情報を提供すると説明した。

 さらに、1944年9月から45年8月まで朝鮮半島で適用された国民徴用令により、徴用された朝鮮半島出身者などが、少なくとも何カ所かの場所で働いたことは否定できないという意味であり、一般論として徴用の性質上、意思に反して連れてこられた人もいるというのは否定できないという立場と説明した。

 情報センターなどで用いる情報の内容について韓国側と調整するかについては、これまで明らかにしてきた立場が、韓国に日本の考えを事前に説明し、韓日間で調整された結果であるとして、さらなる協議は行わないことを示唆した。(中略)

 外務省関係者の説明から、今後設置される情報センターなどで提供される情報には、朝鮮半島出身者が徴用されて働いたが、強制労働ではなかったという内容の説明が入る可能性が高く、韓日間の摩擦につながるものとみられる。
(引用ここまで)
 韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は9日、ソウル市内で開かれた討論会で講演し、朝鮮人の強制労役の歴史を反映させた「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録について、「(日本側が)今後、国際社会の期待に応じる成熟した後続措置を取り、両国関係が好循環に発展することを望む」と述べた。

  尹長官が後続措置について言及したのは、日本側が朝鮮人の強制労役について、「強制労働を意味するものではない」(岸田文雄外相)などと否定したことを念頭に置いたものとみられる。

 尹長官は「日本の産業施設の世界遺産登録はわれわれの正当な懸念が忠実に反映される形で決まり、(われわれは)歴史的な事実がそのまま反映されるべきだという原則と立場を貫徹した」とあらためて強調。「その過程において両国間で多くの難関があったが、知恵を出し合って克服し、対話を通じて問題を解決した」と説明した。

 両国関係に関しては、「国交正常化50周年を関係改善の転機にするという意志を持ち、多方面から努力した」として、「こうした努力の結果、このところ両国関係の改善に向けた雰囲気がそれなりにつくられている」との考えを示した。
(引用ここまで)

 世界遺産の委員会で設置を表明していた「情報センター」についての記事。
 日本側は「強制連行は一切なし、徴用についてだけ記述」で決定のようですね。
 んでもって、「韓国側と調整は一切しない。もうすでに行ったものを基準とする」と。

 韓国がなにを言おうと、もうこれだけは堅持すべきでしょうね。
 「戦時徴用はした、強制連行はなし」と。もともと、事前協議ではこのラインで行くっていう報道だったのですけどねぇ。

 で、それに対してユン・ビョンセが、かなりいらついたコメントを出しています。
 「成熟した後続措置を執り、両国関係が好循環に発展することを望む」ですって。
 韓国との約束なんてなんの意味もないってことを教えてくれたのは、他ならないユン・ビョンセだと思うのですけどね。

  今回の騒動で「韓国っていうのは、なにやったってかまわない相手なんだ」っていう国民的なコンセンサスを得られていると思うのですよ。
 日本政府にはそういう国民のサポートがあることを意識してほしいものです。