来年の最低賃金8.1%引き上げ 労使激しく対立=韓国(聯合ニュース)
 韓国の来年の最低賃金は時給6030ウォン(約640円)と、今年に比べ8.1%引き上げられる。

 労使と政府推薦者でつくる最低賃金委員会が8日の全体会議で、来年の最低賃金引き上げ案を議決した。労働者側の委員は出席しなかったが、賛成多数で可決された。

 引き上げ幅は今年の7.1%より若干大きい。この数年をみると、2010年が2.75%、2011年が5.1%、2012年が6.0%、2013年が6.1%、2014年が7.2%と推移している。

 来年の最低賃金の時給を月給に換算すると126万270ウォンとなる。これにより賃金が上がる低賃金労働者は約260万人と推定される。

 労働界は当初、時給を1万ウォン(79.2%上昇)に引き上げるよう求めていた。8.1%の引き上げ幅は期待に遠く及ばないとし、正式に異議を申し立てながら、ストライキなど強硬な対応に乗り出す方針だ。経営者側は、最低賃金の大幅引き上げで零細企業や自営業者の倒産、新規採用の縮小が予想されると不満をあらわにしている。
(引用ここまで)

 画像のホワイトボードに書いてあるのは、「開票状況」「賛成」「反対」「棄権」かな。
 賛成が14票、反対が1票、棄権なし。
 以前には最低賃金が10%以上上昇するのではないかとか、記事中にあるように1万ウォンを求めていくとかいう話もあったのですが。
 まあ順当なところに落ち着いたって感じですかね。
 韓国でビッグマックがいま4100ウォンだったと思います。
 これまでの最低賃金だと単品は買えてもセットは買えないってところでしたが、今回の賃上げでセットも買えるのかな、どうかなってところでしょうか。
 これまでギリギリだったスタバのキャラメルマキアート(トール)を飲んで、50円ちょっとのお釣りがくるようになったって感じです。

 ひとつ前のエントリで上下葛藤の話を書きましたが、財閥をはじめとした大企業に勤めているか公務員であれば左うちわで暮らせます。
 そうでない人たちにはスポーツや芸能での一攫千金しか道が残されていないのですね。

 さもないと最低賃金か、それに毛が生えたような賃金で働くしかない。
 韓国の経済構造や、価格競争力を維持させるためにはそういった有象無象の人々にまともな賃金を与えることができないのですよ。

 登場当時にキャリーオーバーが青天井だった韓国のロトに全財産を使って、身を持ち崩す韓国人が続出していました。
 これにはもちろん、韓国人の持つ「過剰」という志向性もあるのですが、一攫千金しか人生を逆転させる可能性が残されていないという実情もあるのです。

 だからこそ、ソウル大学の理工学系に受かるような学力を持つ学生であっても、一枚落ちの医学部を受けようとする。
 TOEICが満点の一芸入学でも医学部に入学する。
 カンニングも替え玉受験も続出する。
 成功すればよし、失敗したらどちらにせよロトに全財産を費やすような人生を送るしかないからなのですね。