台風9号の進路予想、韓米日で食い違い(朝鮮日報)
9日午後3時現在、台風「チャンホン」は沖縄南東海上にある。最大風速54メートル、強風域が半径約420キロという「極めて強い勢力」を維持したまま、中国・上海方面に向かって北西に進んでいる。韓国気象庁の関係者は「この台風は、11日ごろ中国大陸に上陸して勢力をやや弱めるが、それでも風速20−30メートルという強い風が予想される。この台風によって発生した水蒸気が韓国側に大挙して押し寄せるため、12−13日には全国的に豪雨となる可能性がある」と語った。

 この台風が中国大陸に上陸した後の進路をめぐっては、各国の気象当局が異なる予想を出した。〈グラフィック〉 (1)韓国気象庁は、韓国から最も遠い方向へ移動すると見込んでいるが、(2)米軍の合同台風警報センター(JTWC)は、台風が急激に東へ進路を変え、韓国西海(黄海)上に進むと予報した。日本(3)と中国(4)の気象当局は、それぞれ(1)と(2)の中間に当たる進路を予想した。 (中略)

 韓国としては、この台風が11日から13日まで中国大陸にとどまり、力を失った状態で東シナ海上に抜けてくる(1)が最も良いシナリオだ。台風が消滅する際に噴出する大量の水蒸気が韓国に押し寄せるため、中部地方で長引いている干ばつを解決することができ、かつ強風の被害も小さいからだ。

 国家台風センターのユン・ウォンテ・センター長は「JTWCが予測した(2)のように、台風の進路が急激に変わるには、北から強い寒気が下ってきたり、1万メートルを超える上空に極めて強い『ジェット気流』があったりしなければならないが、今のところ、その可能性は低い」と語った。この台風が(2)のように移動した場合、干ばつの解決には役立つものの、韓国全域で強風と豪雨の被害が相次ぐ見込みだ。過去にこれと似た進路を取った台風のケースでは「韓国の予報の精度が米国よりも高かった」と、韓国気象庁の関係者は伝えた。
(引用ここまで)

 で、「画像のように」って記事があって、朝鮮日報日本語版にはその画像がないというね。
 本国版から探してきましたよ。

台風9号2015 台風9号2015_日本

 記事がアップされたのが10日(金曜日)の午前3時で、左の画像が記事の「1〜4の進路予想」。記事を読むと9日の午後3時時点での予想進路なのかな。
 で、右の画像が今日11日の午前3時時点の進路予想。寧波、上海をかすめて朝鮮半島直撃。ちょっと地図の角度が異なっているので分かりにくいですが、2と3、つまり米軍の予想と日本の予想の間ってところでしょうか。

 この進路だと東シナ海の水蒸気が供給されてほとんど勢力が削がれずに、仁川上陸作戦決行ってコースでしょうかね。

 まあ、韓国の気象台がやっている台風の進路予想で、韓国の被害が小さくなるように報じるのはいつものことです。
 一種の伝統といっても過言ではないですね。

 以前にも「韓国人は勇敢だ」という記事がありまして。
 「なにしろ政府からすでに上陸している台風の情報がまったく出ないので学校も休みにならず、会社員は普通に出社しなければならない。対処の方法も知らされない。台風が上陸した数時間後に上陸情報が出るのだから」という自虐記事だったのですが。
 そのすぐあとにも集中豪雨で韓国気象庁が「天気を実況していた」って批判もありましたっけ。

 なんというか、常に希望をこめた進路予想をするのですよね。
 その結果、上陸すると異常なほどに被害が大きくなるのです。
 2003年の台風14号は912hPaで上陸した宮古島で死者1人だったのに、980hPaくらいで上陸した韓国では死者・行方不明者が100名以上という大惨事
 その前年にもひどい台風被害があって、それで「ああ、こういう実態をメモしておかなきゃ」って思ったのが楽韓Webを立ち上げた要因のひとつでしたね。まあ、メインはワールドカップとか釜山のアジア大会ですが。

 今回はせめて備えておいてほしいものですが。まあ、現状で中心気圧が940hPaだからそれほどの被害も出ないんじゃないかな……たぶん。