韓国観光、中国人リピーター客減少(朝鮮日報)
ショッピングだけでは限界…20・30代中国人観光客が熱狂する韓流の場をつくろう(中央日報)
 韓国経済研究院が14日に発表した「中国人観光客誘致活性化のための対応課題」という報告書によると、最近4年間に訪韓した中国人観光客の1回訪問者の割合は2011年の68.5%から14年には79.8%に増加したのに対し、再訪問者の割合は14.8%から11.6%へと減少したとのことだ。

 中国人観光客の滞在期間も▲11年10.1日▲12年7.5日▲13年の7.1日▲14年5.7日と減少傾向にある。特に観光や買い物に偏り、訪問地域もソウル・済州などに制限される傾向が強いという。

 湖原大学観光学部のチャン・ビョングォン教授は「最近、中国人観光客の再訪問率や滞在期間が減っている。持続性を確保するには、量的な成長だけでなく質的なレベルを引き上げなければならない」と強調した。
(引用ここまで)
漢陽(ハニャン)大のイ・ヨンテク(観光学)教授は「ショッピング観光とぼったくり料金に依存する低価格旅行商品から根絶すべき」とし「『私たちがこんなふうに準備しているのだからあなたたちが来て』という供給者中心マインドから脱して、彼らの視角に立った観光商品の開発を行わなければならない。文化体育観光部・韓国観光公社が主導して主な消費層に浮上した1980〜90年代生まれの若者世代が熱狂するだけの観光コンテンツからまずはつくるべき」と注文した。
(引用ここまで)

 韓国に来る観光客のうち、リピーターが少ないというのは以前からの問題となっていまして。
 ま、実際に行ってみれば分かるのですが、2度行く理由がないのですよね。
 それまでにない体験のできるアミューズメントパークがあるわけでなし、極上の料理が食べられるわけでもなし。文化・歴史的な遺産があるというわけでもなし。博物館のコンテンツも芳しくない。

 で、韓流に頼ろうと。日本はともかく、まだアジアではそれなりに集客力を持っているらしいので。
 問題は韓国に来たからといって本人に会えるというわけでも、特別な情報やアイテムが入手できるというわけでもないってこと。
 以前、レポートした韓流エンタメ館でも「ソウルだとこんなものが見れますよー」と大アピールしていたんですが、それが3Dシアターとかでしたからね……。

 そういう意味では日本人の感情を害したことで、太い客をなくしたのは間違いありませんね。
 かつてちょっとした香港映画ブームがありましたが、ユンピョウやジャッキー・チェンのファンはいまだに香港詣でを欠かしていない。宝塚にしろジャニーズにしろ、日本人のファンというのはロイヤリティの高さという意味で「おいしい」お客なのです。
 中国人の爆買いのようにあれもこれもなんもかも買っていくというような形ではありませんが、長くそのコンテンツを支え続けるファンが少なくない。
 アイテムが出れば一通り買うし、「リニューアル」だのなんだのにもつきあう。1曲だけ新しい音源が収録されているアルバムすら買ってしまう。
 ……翻ってみれば自分にもそういう部分があるなぁ……と苦笑しますが。

 でも、日本人多くがそういった芸能人への忠誠度よりも嫌韓の度合いのほうが勝ってしまっている。
 冬のソナタからこっち、10年経ってみたらなんもかもが全滅だったというオチ。
 まあ、中国人頼りになるのでしょうね。
 ただ、元韓流ウッドだった韓流ワールド……でしたっけ? あれがまかり間違って完成するようなことがあったら、確実に行きたいとは思っていますけど(笑)。あと仁川ロボットランドも。


細田守作品は長く見ていこうと思う次第。
時をかける少女 [Blu-ray]
仲里依紗
角川エンタテインメント
2008-07-25