ブルームバーグ「国に気分があるなら韓国には抗うつ剤が必要」
South Korea’s Prozac Moment(Bloomburg/英語)
 米国の経済情報サービス会社の「ブルームバーグ」が 「もし国にも気分というものがあるとすれば、韓国はプロザック(抗うつ剤)が必要かもしれない」と報じた。

 ブルームバーグは16日、韓国が「人口の高齢化が進み、労働市場は硬直しており、リノベーションは遅く、企業や家計の負債は増えた。マーズ(MERS)感染の脅威で信頼も大きく損なわれた」とし、「これらすべては300人以上が犠牲になったフェリー事故(セウォル号)で信頼に打撃を受けてから、1年後のことだ」と伝えた。ブルームバーグは続いて「韓国の問題は、急激な変化に根ざしたものではなく、対処すべき幾多の経済の課題が積み重なった結果」だと指摘した。中国製造業の競争力がますます大きくなっており、日本も円安を武器に韓国と競争している中、韓国は中国と日本の狭間にいると診断した。同通信は、韓国の代表企業らの不振を例に挙げた。アップルと中国企業とのスマートフォン販売競争を繰り広げてきたサムスン電子は、利益が前より減っており、現代自動車は輸出が伸びず、大宇造船海洋は大規模な損失が予想されている。また、韓国企業の中には、回復の見込みがほとんどないのに、政府や債権団の支援でかろうじて延命している企業を指す、いわゆる「ゾンビ企業」も増えていると伝えた。

 ブルームバーグは、韓国企業の負債比率が昨年末基準で86.5%に達しており、2009年の105.7%に比べ好転するなど、財務構造が全体的に改善されたことは希望的だと伝えた。しかし、欧州の銀行のBNPパリバの先任エコノミストのマーク・ウォルトン氏の言葉を引用し、「韓国が構造的な課題に適切に対処しなければ、スタネーション(長期沈滞)に苦しめられる可能性もある」と診断した。
(引用ここまで)

 韓国メディアにしては珍しく、ちゃんと抄訳ながらも伝えていますね。かなりざっくりとしてはいますが、きっちりと伝えるべき部分は押さえてあります。
 「サッカー韓国代表はシンデレラ」とかやっちゃう朝鮮日報に比べてそのあたり、ハンギョレはなんかしっかりしている印象があります。
 ま、それはともかく。

 ブルームバーグも楽韓Webと同じような見方をしていますね。
 韓国の不況はなんらかの変化によってもたらされたものではなく、構造的に固定されたものであってそこからは逃げることができないと。
 んでもって記事の最後に書かれている「構造的な課題に対処できなければ長期沈滞に陥る」というのは、構造改革しろよって話なのですけども。

 まあ、日本の長期不況を思い浮かべているのでしょうし、韓国でも幾度か「日本型長期不況に陥る」みたいな記事も出ています。
 ですが、実際には「韓国型不況」なのですよね。
 人口動態は双子といってもいいくらいですし、産業構造にも似ている部分があるので、日本にその答を求めようとするのでしょうけども。
 人口ボーナス枯渇後の対応で反面教師にはできるかもしれません。
 ただ、不動産の実需がしぼんで価格下落したら、ドミノ倒しがはじまっちゃうのと同じで手のつけようがないですからね。