鄭夢準氏「ブラッター氏が選挙管理、FIFAは懲りていない」(朝鮮日報)
 21日、本紙の電話取材に応じた鄭夢準(チョン・モンジュン)大韓サッカー協会名誉会長(63)は、FIFA会長選挙準備で多忙だと答えた。23日に渡米してサッカー関係者に会うほか、メディアのインタビューなどを受ける予定だ。鄭夢準氏は「できればスイス・チューリッヒのFIFA本部で出馬の弁を明らかにしたいが、ブラッター現FIFA会長(79)=スイス=が使用を許可しないようだ」と笑った。

 1994年にFIFA副会長に当選した鄭夢準氏はその後4選され、世界のサッカー界に大きな影響力を及ぼした。任期中は2002年の韓日共催ワールドカップ(W杯)誘致など、大きな成果を挙げた。ところが、11年の副会長選挙でヨルダンのアリ王子に敗れFIFAの中枢から締め出された。ブラッター会長が反対勢力である鄭夢準氏を落選させるため動いたといううわさが広まった。 (中略)

 鄭夢準氏は「ブラッター氏は事務総長時代まで含めると約40年間にわたりFIFAを思いのままにしてきた。今こそ新たな時代を切り開かねばならない時だ」と語った。前日にFIFAが発表した改革案については「改革対象のブラッター氏が来年2月まで選挙を管理し、改革を推進するという案は、今もFIFAが懲りていないという証拠だ。ブラッター氏に近い人々が集まって改革案を発表するのを見て、新たな時代を切り開くのは容易でないと感じた」と述べた。

 さらに、鄭夢準氏は「ヨーロッパ責任論」にも言及した。同氏は「FIFAがこれほどまでに失墜してしまったのは、世界のサッカーの中心を自負するヨーロッパの責任もないわけではない。欧州サッカー連盟(UEFA)が最小限のリーダーシップさえ発揮していてくれれば、ブラッター氏はこれほどまでにFIFAを牛耳ることができなかっただろう。このような状況で欧州出身者だけがFIFAの会長を務めるべきだと主張するのはもどかしい。もう少し開放的なリーダーシップが必要だ」と主張した。

 その上で、鄭夢準氏は「アジア・サッカー連盟(AFC)のサルマン・アル・ハリファ会長が次期会長選挙でミシェル・プラティニUEFA会長を支持するだろうという外信報道を見た。AFC会長はアジアのサッカーの利益のため働くべきで、ヨーロッパを支持するために選ばれたわけではない。すぐにAFC会長に会って直接、考えを聞いてみようと思う」とアジアの役割の重要性を語った。
(引用ここまで)

 前にも書きましたが、「ブラッターこそが諸悪の権現」みたいな言いかたをしているのがおかしいだろと。
 おまえはジャック・ワーナーと同じ頃に副会長をやっていた、アジア版ブラッター、アジア版ジャック・ワーナーだろうが。
 11年にブラッターから切られたのは東西アジアの勢力争いの結果であって、チョン・モンジュンが清廉だったからじゃないしね。

 もし、チョン・モンジュンがブラッターに代わってFIFAの会長になったとしたら、性悪なジョークそのもの。
 むしろおまえは捜査対象になる一員だろっていうね。

 JFAにはジーコが出馬するなら、ジーコの支持に回ってほしいものですが。
 幸いなのはチョン・モンジュンのバックに控えてる現代重工業が絶不調であるというところですかね。実弾をそれほど出せる状況ではないのはなにより。