三菱マテリアルに「全ての犠牲者癒やす措置を」=韓国政府(聯合ニュース)
韓国には拒否して…三菱、中国人強制労働に初の補償(中央日報)

 三菱マテリアル(旧三菱鉱業)が戦時中に日本に強制徴用され、過酷な労働を強いられた元米国人捕虜らに謝罪する一方、韓国人被害者については言及していないことについて、韓国の外交部は24日、「当時、強制動員され、労役を提供した全ての犠牲者が負った心の痛みを癒やす措置が取られなければならない」との立場を表明した。「すべての犠牲者」には韓国人被害者も含まれる。

 三菱マテリアルが今月19日に戦時中に労働を強いられた米国人の元捕虜らに対し、初めて謝罪したほか、中国人元労働者に対しても謝罪し、損害賠償訴訟で和解することが伝えられる中、韓国外交部の立場表明には苦心の跡がうかがえる。表現の水準も原則的で限定的だ。韓国政府の当局者は外交部の立場表明について、「韓国人被害者に対する謝罪を念頭に置いたものとみられる」としながらも、「賠償・補償問題とは別」と指摘した。

 韓国政府が強制徴用問題で積極的な立場を取れないのは、1965年の韓日請求権協定があるほか、関連訴訟が進められているためだ。韓国政府は強制徴用の請求権問題は請求権協定で解決済みとの立場を堅持してきたが、2012年に韓国大法院(最高裁)が個人の請求権は消滅していないと判断してからは具体的な意見表明を控えている。

 1940年代に日本の軍需企業に強制徴用された韓国人被害者らは新日鉄住金(旧日本製鉄)と三菱重工業を相手取り、損害賠償を求める訴訟を起こした。一審と二審で敗訴したが、大法院は個人請求権を認める判断を下した。

 2013年の差し戻し審でソウル高裁は新日鉄住金に対し賠償を命じる判決を言い渡した。同年、釜山高裁も三菱重工業の賠償責任を認める判決を下した。両企業は不服として上告し、大法院で再上告審が行われている。

 再上告審で被害者に賠償を命じた判決が確定し、韓国政府が両企業の国内資産に対する差し押さえなどに着手する場合、両国の全面的な外交対立に発展する可能性も排除できない。
(引用ここまで・太字引用者)

 中国については「まだなにも決定していない」と三菱マテリアルからプレスリリースがありましたが。
 アメリカ人相手でも中国人相手でも同様なのですが、戦争捕虜を強制労働させるのは犯罪なのですよね。
 自国民に対して徴用するのはまた別で、韓国に対しての日本の立場としてはこれを堅持していると。
 まあ、どっちにしたって日韓基本条約で解決済みであるという立場に変わりもないのですが。

 その一方で太字部分を一応、認識してはいるのですね。
 ちょっと驚きました。
 全面的な外交的対立になりますし、そもそも日本人の対韓感情が恐ろしいものになりますよ。
 逆にいえばちょっと楽しみなのですけどね。

 パク・クネ政権からは「日韓関係をどうにかしたい」という考えが出ているのは間違いないのですよ。
 それがパク・クネ本人の意向なのかどうかは別として。
 なんとかしてこの苦しい経済状況を打開したいし、キャピタルフライトが起きかねないアメリカの出口戦略に対して通貨スワップ協定も結びなおしたい。

 観光客も本当に呼び戻したいでしょうね。
 中国人観光客が多くなっているといっても、日本人観光客は太いお得意さんでしたからね。
 先日の記事で数字を書くのを忘れていたので、ここで書いちゃいますが、日本人観光客は2012年には351万人だったものが、2013年には275万人、2014年には228万人。
 2年で35%、123万人も減っているのですよ。
 ちなみに2014年実績で台湾は前年比+15%、ベトナムが+7.3%。
 いま、手元にある資料で日本人観光客が2年連続で二桁減少している渡航先は韓国だけです。

 でも、韓国側が実際にやっているアクションというのは世界遺産での裏切りであり、仏像は未返却であり、さらに「正常化したいなら慰安婦問題を解決しろ」と言ってきている。
 で、さらにこの「徴用を賠償しろ」っていう裁判で韓国の最高裁判決が「賠償しろ」ってものになったら、本当に無理。

 ま、個人的にはちょっと楽しみにしている判決でもあるのですけどね。
 その判決で日韓関係がどこまで行くのか、見届けたいという意味で。