韓国政府「中・日関係の改善、韓国の孤立ではない」(朝鮮日報)
 中国と日本の関係改善に対する韓国政府の立場は「北東アジア地域の平和と安定に寄与するため、歓迎する」というものだ。政府当局者は26日「中国と日本(の関係)が近づけば、韓国政府が推進する韓中日首脳会談の年内開催や北東アジア平和協力構想にもプラスになる」と語った。

 だが、心中はやや複雑だ。「中・日関係の改善」イコール「韓国の孤立」と見なす世論を意識せざるを得ないためだ。

 ある外交筋は「日本に安倍晋三首相がいる限り、韓日関係は『歴史問題』という壁に阻まれ、どうしても進展のスピードに限界があるが、『実利』を重視する中国は違った風にアプローチする可能性がある」と語る。中国では韓国ほど日本との歴史問題が大きなイシューではないため、安倍首相の訪中などを機に急速に関係が近づくこともあり得るというわけだ。

 別の政府筋は「日本の右翼の一部は『日本と中国が接近すれば韓国はついてくるしかないため、韓国との関係改善にあまり骨を折る必要はない』と考えている。中国と日本の動きを綿密に見守っている」と話した。

 韓国政府は、国内の「韓国孤立論」をできるだけ意識せず、落ち着いて中・日との関係を管理していく方針とされる。一部が懸念するような、中日が韓国を「仲間外れ」にするほどの蜜月関係になる可能性は低いと見ているためだ。ある外交筋は「中国と日本は基本的に、北東アジアの覇権をめぐって争う関係。戦略上、一時的に手を結ぶことはあっても、根本的な関係改善には限界がある」と指摘する。

 韓国政府は、これまでで最も良好な中国との関係を維持する一方、日本との関係においては歴史問題と切り離して経済・安全保障協力を強化していく考えだ。差し当たり、来月初めにマレーシアで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)を機に韓日・韓中外相会談を開く計画とされる。また、9月に中国で開かれる抗日戦争勝利記念行事への朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の出席も、前向きに検討している。政府関係者は「中国と日本が近づき、安倍首相の訪中が実現すれば、行事出席に対する韓国の負担も軽くなる」と話している。
(引用ここまで)

 というかですね。
 中国はまだ話が通じるのですよ。本当の意味でツートラックが通じるというか。

 嘘をつくにしても、まだ理解のできる嘘のつきかたをする。
 東シナ海の海底ガス田なんかはそうですね。「共同開発しよう→嘘でした」は最初から分かってる。協議は時間稼ぎってのも分かっている。
 より利があるほうに向かうのですよ。分かりやすくもあり、予想もしやすい。

 韓国はそうじゃないのですよね。
 なんらかの利のあるほうへ向かっているのでしょうが、その基準が分かりにくい。予想もしにくい。
 たとえば世界遺産騒動の時も、直前の合意に対して「これは韓国が嘘をつくシーンである」というのは分かるのですよ。でも、それで得られる利が分からないから予想がしづらい。
 同意したことをひっくり返してなんの利があるのかっていう。

 あそこで投票に持ちこまれて、世界遺産登録ができなくても日本にとっては一時的な損失なのですよね。でも、韓国にとっては日本人の対韓感情という数十年単位でのしこりが残る話になるのです。
 民主主義国として国民の裏書きというものがどれほどの力になるのか、ということをあまり理解していないのかもしれませんが。
 なにしろ、棚ぼたで解放されて、棚ぼたで独立して、棚ぼたで民主主義国家になったような国ですからね。
 独力でなにも得ていないので、それがどれほど大事なものかということが底のところで理解できていないのでしょう。

 さて、中東の駱駝とサソリの逸話というのがあるのですが。
 川を渡れずにサソリが困っていたところに駱駝が通りかかった。
 駱駝に対してサソリが「背中に乗せて川を渡ってくれないか?」と頼むのだけども、駱駝は「いや、そうして刺すつもりだろう?」と断る。
 そこでサソリは「いや、川の途中で刺したらふたりとも沈むだろ。そんなことはしない」と説得して、駱駝の背に乗せてもらうことに成功する。
 しかし、川の途中でサソリは駱駝を刺す。駱駝は今際の際に「なぜそんなことを……」とつぶやくのですが、それに対してサソリは「ここは中東だぜ」と答える、という逸話です。

 このサソリの行動よりも韓国のやっていることは理不尽というか、意味がないのですよ。
 だから経験則で「ここでこうなる」ということは予測できるし、おおよそ正解なのですが。正解しておきながら「なんでこんなことを……」って首をひねる。
 こちらが主体になって、韓国がリアクションをする場合は簡単なのですが。

 そういう意味では相手をできるのは中国のほうなので、優先して相手をしている。
 韓国が放置されているのは、そういう「理不尽」な動きをするからなのです。それ以前に条約も約束も守らんしなぁ……。
 それじゃ外交のしようがないっていうのが実際なのですよね。