これが「卑日」だったのか――(日経ビジネスオンライン)
――世界遺産登録での韓国のやり口。あれが「卑日」だったのですね。

鈴置:多くの人からそう言われました。「『目下の日本』からドルは借りない――韓国は『反日』から『卑日』国家へ」で、韓国の「反日」は「卑日」に変容している――と説明しました。

 すると、かなりの人から「そんな、おおげさな。国を挙げて日本を卑しめ、快哉を叫ぼうとする国民がこの世に存在するなんて、想像できない」との感想が寄せられました。

 しかし、そんな人も「世界遺産事件」を見て「卑日は本当だったのですね」と言ってきました。

 「卑日」というのはたぶん私が使い始めた言葉なので、改めて定義しておきますと「世界を舞台に日本を貶めて快哉を叫ぶ韓国の国民的運動」です。

 韓国専門家の間ではけっこう有名な動きで「ジャパン・ディスカウント」(Japan Discount)と呼ぶ人もいます。

 一方、これまでの「反日」は「自分を見下す日本への反発」とでも言うべきものでした。表面は似ていますが、対応は完全に変える必要があるので、はっきりと区別すべきです。 (中略)

 でも「卑日」の目的は「何かを得る」のではなく「日本を貶める、卑しめる」ことにあるのです。他の国が見ている前で日本を叩く必要があるのです。

 そして問題は決して解決しないのです。今や韓国にとって「日本の存在」そのものが攻撃対象です。日本がどうしようと韓国は非難を続けます。 (中略)

――とはいえ、韓国のやり方は露骨過ぎます。世界遺産の時も、約束を破ってまで日本を貶めようとしたのですから……。

鈴置:約束を破ってこそ「卑日」なのです。韓国社会では「上」の人は法律やルールを破ってよい。というか破ってこそ「上」の人と見なされるのです。

 日韓外相会談の約束も、破って見せてこそ世界に「韓国が日本の上にある」と示せると韓国人は考えたのだと思います。

 東京五輪に関してもそうです。韓国が露骨に邪魔しても日本は手も足も出ない――この姿を世界に示してこそ「韓国が上」となるのです。「卑日」の本質がここにあります。
(引用ここまで)

 昨日、「中国とは話が通じるが、韓国とは話が通じない」という話をしましたが、この「卑日」そのものが目的であればパズルのピースが噛みあうのですよね。
 かつての反日は「援助を引き出す」というような明確な目的があったのですが、現在の卑日はそのものが目的になっている。それだけに問題は解決しない。
 するつもりもない。

 手段と目的が入れ替わってしまって、日本を貶めるだけなのが現状ということですね。
 以前も書きましたが、韓国だけが日本と同じシーソーに座っているのだと思いこんでいる
 ロジックとしてはそういうことなのだろうという予想はできるし、それによって行動予測もできるし当たる。

 でも、それが理解できるのかどうかというのはまた別の話。
 人として理解できないというか、人類として理解できない。
 そんなのと「共通の価値観」なんて持っているわけがないのですよね。