朴大統領の妹「正論」炸裂 舌鋒鋭く韓国批判 ネット民激怒「日本に移民しろ」(ZAKZAK)
朴槿令氏発言に韓国与野党が反発(朝鮮日報)
 聯合ニュースなどによると、槿令氏はまず、日本人の靖国参拝について、「日本の神社参拝は子孫が先祖を訪ねていくものであり、100年前の先祖が悪いことをしたから子孫が参拝をしないというのは人の道にもとる」と擁護し、「韓国がそれに関与しようとするのは内政干渉である」と主張した。

 朴政権は、中国政府とともに、日本の歴代首相の靖国参拝を声高に批判しているが、まったく違った意見だ。

 さらに、慰安婦問題についても、「元慰安婦をはじめ苦痛を受けた方々に対しては、韓国国民が国内で面倒を見なければならない」と語った。

 韓国による対日謝罪要求についても、「全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領が訪日した際、首相よりはるかに重要な天皇(陛下)が頭を下げているのに、なぜ(日本の)首相が替わるたびに謝れと言うのか」と、韓国の対応を批判。「日本は韓国の経済発展の基になることをたくさんしてくれたのに、被害意識だけ抱いていては国益にならない」と発言した。
(引用ここまで)
 与党セヌリ党の幹部はこの日午後、電話取材に対し「日本側の歪(ゆが)んだ歴史認識に惑わされ、日本の立場を繰り返したようだ」と述べ「公人として適切でないと思う」と指摘した。別の党幹部も「一個人の意見だ」との認識を示した。
(引用ここまで)
 パク・クネの妹、つまり朴正煕の次女がニコニコ動画とのインタビューで日本擁護と受け取られる発言をしたということで、韓国国内がかなり沸き立っています。

 どれも正論なんですけどね。
 というか正論すぎる。
 特に「慰安婦は韓国人が面倒を見るべきだ」というのはもうね、本当に正論。
 ただ、あんまり正しすぎると人はそれを受け入れられなくなる部分があるのですよね。

 まあ、それ以前に韓国では国是である反日を否定することは許されないので、受け入れるわけにもいかないのでしょうが。
 それでもシンシアリーさんのように、ちょっと視点を変えることのできる人物が増えるきっかけにはなるのかなぁ。

 しかし、「大統領の妹」は公人なんですかね。
 ファーストレディが公人なのはしょうがないところですが。
 選挙で国会議員として選ばれたというわけでもない、元大統領の娘で、現大統領の妹。それは一般人じゃないのですかねー。
 まあ、こんなところからも彼の国での「連座制」の濃厚さが見えてくるわけですけども。