【寄稿】日本人はなぜ韓国と韓国人を信じられなくなったのか(朝鮮日報)
 6月22日に韓日国交正常化50周年を迎えた当日、韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領と日本の安倍首相はソウルと東京で開催された記念式典にそれぞれ姿を現した。この時点ではそれまで3年にわたり悪化していた韓日関係がついに改善するかと誰もが思った。二人による初の首脳会談に対する期待も高まっていた。

 ところがその後、韓日関係は再び急速に悪化した。そのきっかけとなったのは、日本が明治の産業革命で大きな役割を果たした施設を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録しようとした際、両国の外交当局で韓国人徴用者に関する表現をめぐり再び対立したからだ。7月5日にドイツで行われた世界遺産委員会(WHC)で、両国は徴用者についての説明を英語で「forced to work」とすることで事前に一致していたが、韓国側が会議の当日になって突然「forced labor」とするよう主張し始めたのだ。「forced labor」はまさに「強制労働」を意味するもので、単に働かされたことを意味する「forced to work」とは完全にその意味合いが違っていた。

 驚いた日本政府は韓国側の動きに激しく反発したが、これに対して韓国政府も「誰もが知っていることを認めるのは当然で、顔を背けるべきでない」と反論した。韓国の国民は一連のやりとりの一部しか知らされておらず、日本が歴史問題で韓国の要求に応じないことに不満を持っていた。またその一方でユネスコに登録された日本の文化遺産に、日本がかつての植民地時代に行った過ちが記録されるという事実に安堵(あんど)した。

 しかし日本のある新聞は7月11日付で「外相会談での合意を無視する韓国、韓国の悪意に満ちた行為」などと報じ、日本国内の非常に怒りに満ちた雰囲気を伝えた。また別の新聞は7月14日付で、この問題を韓国による「政治工作」とし、これまで両国が慰安婦問題で公式の外交ルートのほか、韓国の大統領秘書室と日本の国家安全保障会議(NSC)の間で非公式の協議が行われていた事実を報じた。韓日関係における最大の障害となっている慰安婦問題について、実は両国首脳の側近同士ですでに話し合いが行われていたわけだが、この新聞がこれを暴露したのは、日本が朴槿恵(パク・クンヘ)政権とのこの問題をめぐる話し合いをストップする意向を示したものであり、その表現には大きな不快感も込められていた。

 韓国が日本に対して抱く不満は、それをいくら羅列しても気が済まないほどたくさんある。しかも次々と新たに明らかになる歴史的事実を否定、あるいは過小評価する日本政府の一貫した態度は、国際社会の誰も正当化できないはずだ。韓国人が日本との歴史問題という大きな障害を目の当たりにすると、それだけで反日感情は他のいかなる問題やテーマを圧倒し、韓国における大衆心理は完全に一つとなる。韓国の国力が高まり韓国人の自信が深まるにつれて、韓日間で歴史問題と協力関係を並行して進めることは一層難しくなっているのだ。

 韓国と日本が互いに協力し、それによって得られる恩恵は安全保障や経済などあらゆる分野に及んでいる。ところが韓国ではそのことを口にするだけで「親日」というレッテルが貼られ、特に政治家にとってはその政治生命さえ危うくなってしまうが、これがまさに韓国の現状なのだ。どの世論調査を見ても、韓国人と日本人が互いを不信し憎しみ合う感情は、過去のどの時点よりも今が最も厳しい状況となっている。問題は韓国人が抱く反日感情は数年周期で大きな波がある一方、日本人の国民感情はいったんどちらかを向くと、それが数十年にわたり続くという点だ。謝罪を受ける側の韓国人が不満を持っているのは理解できるが、一方で謝罪する側の日本が政府や有識者、あるいは普通の庶民に至るまで、全ての階層で韓国に不満を持つようになったのはなぜだろうか。

 日本人の感情を簡単に表現すれば、いったん約束し合意した内容を簡単にほごにする韓国と韓国人が信じられなくなったということだ。まず強制徴用問題は間違いなく1965年の国交正常化の際に両国の政府同士が合意し、これを文書化して日本は謝罪し補償も行ったのに、韓国の裁判所が下した判決や韓国の世論は今も日本に対して責任を追及してくるため、日本は非常にとまどっている。今回の「強制徴用」に関する表記の問題でもそうだ。これも1965年の協定文を根拠とする日本人の防衛心理と、日本に対して歴史問題での謝罪や反省が不十分であることを追及しようと考える韓国の道徳観が衝突している。安倍内閣が抱く歴史問題への懸念はこの問題にとどまらない。たとえ慰安婦問題について謝罪をしても、韓国人はそれを最後の謝罪として受け入れるとは考えられず、また韓国政府がこれに同意しても、後から国内の世論を満足させることはできないと考えている。

 韓国の期待を完全に充足させるには至らずとも、これまでできる限りそれを充足させようと努力する思いが相手にあったのなら、われわれも歴史問題で自分たちの原則と立場をあらためて見直すことを考えねばならない。先週、筆者は上海で会議に出席した後、南京大虐殺記念館を訪問した。数多くの展示物を目の当たりにすると、本当にさまざまな思いが湧いて出てくるのは事実だ。また記念館の出口に続く角の天井からは、12秒ごとに水滴が落ちていた。これは1937年12月13日から6週間にわたり、30万人の市民が日本軍によって12秒に1人のペースで犠牲になったことを意味するものだった。このように日本の蛮行はしっかりと記憶しつつも、一方で日本から心理的協力を取り付けようと積極的に努力する中国の二つの顔をこの記念館で見たように感じた。韓国政府もさまざまな事案ごとに一喜一憂するのではなく、原則と実際の対応に調和を持たせ、重みのある対日政策を進めていかねばならない。
(引用ここまで)

 普段、楽韓Webでは全文引用をしません。全文引用するのはよほど短い記事であるか、もしくは全文を引用しないと記事の構成が分からなくなってしまうようなものですね。
 でも、この記事はちょっと違っていて。
 正直、なにを言っているのか分からない。
 この意味不明さが朝鮮日報の記事掲載期限である1週間で消えてしまうのはなんとも惜しいので、全文引用させてもらいました。

 最初は日本に文句が言いたいのか、韓国社会がダメなのか、中国がうらやましいのかなんなのか。さっぱり分からなかったのですが。
 3回くらい読むと、どうやらこういうことを言っているんじゃないかなぁ……ということが整理できてきました。

 ・世界遺産騒動における外相会談での合意からの手のひら返しはひどい。
 ・しかし私はチニルパではない。
 ・日本の言っていることはもっともだ。
 ・しかし私はチニルパではない。
 ・韓国外交は嘘をつきすぎる。
 ・しかし私はチニルパではない。
 ・韓国社会は日本と手を結ぼうとすると「チニルパ(親日派)」を叫びすぎている。
 ・しかし私はチニルパではない。
 ・冷静になってみれば韓国と日本の間には合意すれば利益を生むものが幾多ある。
 ・しかし私はチニルパではない。
 ・中国を見てみろ。
 ・一方では日本の戦争責任を責めてはいる。
 ・しかし手をつなぐところは手をつないでいる。
 ・しかし私はチニルパではない。
 ・韓国もこうあるべきだ
 ・しかし私はチニルパではない。

 というようなことを言っているんじゃないかな……たぶん。

 っていうか、これは韓国社会に対してそれなりに理解がある人間じゃないと、ここまでの考察に辿りつくことすら難しいですよ。
 日本を是とする場合、「私はチニルパではない! 違うんだ。チニルパではないんだ!」ってことを喉から血が出るくらいに叫んでからじゃないと、まともな意見を言うことすらできない。
 そういう変化球が韓国では当たり前である、という前提に立つことに気がつかないとまったく理解できない。

 ちょっと読んだだけでは頭がアレな人が寝言を連ねているようにしか見えない……というか、一応考察をしたいまであっても、こっちのほうが実際なんじゃないのって思うくらい。

 かように韓国社会では日本関連で正論を述べることすら難しいのです。
 ま、こんな社会だからこそ簡単に国家元首自ら報道弾圧とかできるし、それに対して大きな反対もないのでしょうね。