70年談話、14日公表=安倍首相調整−閣議決定の方向(時事通信)
 安倍晋三首相は、戦後70年談話について、終戦記念日の前日の14日に公表することで調整に入った。談話に関しては当初、中国や韓国の反発を和らげる狙いなどから閣議決定を見送るとの見方が政府・自民党内で強まっていたが、首相の個人的な信条を示したものではなく、政府の公式見解との位置付けを明確にするため、閣議決定する方向だ。政府関係者が5日、明らかにした。
 戦後50年の村山富市首相談話と同60年の小泉純一郎首相談話は、いずれも閣議決定した。70年談話についても、連立を組む公明党が閣議決定するよう求めている。
 70年談話に関する有識者会議「21世紀構想懇談会」(座長・西室泰三日本郵政社長)は6日、首相に対して報告書を提出。これを受けて首相は談話の文案を詰める。70年談話について首相は、未来志向の内容としたい考え。先の大戦への「反省」は明記するものの、村山談話にある「おわび」などの表現は記載しない意向だ。
(引用ここまで)

 70年談話、いわゆる安倍談話は未来志向のものとして扱われるようですね。
 おわび表現なし、侵略に対する反省はあり。
 アメリカでの両院演説と同様のものになりそうです。
 まあ、考えてみりゃほんの数ヶ月で言っていることがふらふらするようじゃ行政の長として困りますわな。

 現状で韓国側からのリアクションはメディア・政府ともに報じられていないのですが、なかなか面白そうなことにはなりそうです。
 米議会演説の時も「これは謝罪する機会だ」とか政府単位で延々と言い続けていたのですが、日本側は一顧だにせずに日米、そして世界に対して未来志向の演説を行いました。
 韓国は頭をつっこまなくてもいいところにつっこんできて「韓国外交は敗北した!!」とかやったのは記憶に新しいところ。

 今回の安倍談話に対しても事前から「謝罪しろ謝罪しろ謝罪しろ」って呪いの言葉であるかのように言い続けています。
 そして日本側も安定のスルー。
 韓国に対する扱いがしっかりとしていて、安心してみていられますね。