韓国政府「有識者懇の報告書、韓日関係発展努力に逆行」(中央日報)
韓国政府は、日本の安倍晋三首相の戦後70年談話について話し合ってきた「20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会(21世紀構想懇談会)」が発表した報告書について「両国関係の好循環的発展を図ろうとする政府の意志に逆行するもの」と批判した。

韓国外交部は6日、立場資料を通じて「本日発表された『21世紀構想懇談会報告書』は、たとえ民間次元で作成された報告書とはいえ、歴代内閣の認識を継承するという日本政府の公言と相反するものだ」と明らかにした。

外交部は「報告書の一部内容は、戦後の韓日関係に関する一方的かつ牽強付会的な主張で、両国国民間の和解に全く役立たない」とし「韓国政府は戦後70年、光復(解放)70年、韓日国交正常化50年という意味のある年にあたり、日本政府が歴代内閣の歴史認識をもう一度はっきりと確実に継承することを願っている」と強調した。

これに先立ち、同日午後、21世紀構想懇談会は戦後70年談話に対する報告書を安倍首相に提出した。報告書は、第2次世界大戦をめぐる日本の行為を「侵略」「植民地支配」と規定しながらも、「お詫び」表現の必要性に言及していないことが伝えられた。
(引用ここまで)

 昨日も書いたように、21世紀構想懇談会の報告書はかなり韓国に厳しい意見を書いているのですよ。
 そりゃまあ、こうやって韓国政府も反応せざるを得ないほどに。
 痛いところを探られたからこそ、こうやって反応してしまったのでしょうね。
 あくまでも民間団体の報告書であって、公的なものではないのに。

 本来であれば14日の安倍談話発表の時点までリアクションは避けたかったと思うのですよ。
 何度も同じことを反論で言うようであればインパクトも薄れますしね。
 それでも、反応せざるを得なかった。
 これまでの韓国の行動そのものの非をきっちりと指摘してしまっているので、「我々が悪いだと?」って反応せざるを得なかったわけですよ。

 実際の安倍談話がどのくらいのレベルのものになるのかは不明ですが、「反省」はするけども「植民地支配」にはさほど触れず、韓国が言うところの「日韓併合の違法性」に関しては無視。
 もちろん、「謝罪」は入る余地すらないというのが見えてきています。
 韓国の要望を完全スルーしているこの報告書がベースとなるであろう安倍談話。

 もう、いまからリアクションが楽しみでしょうがないですね。
 珍しく「韓国人の反応」もピックアップしてしまいそうです。