【社説】米国・日本も行かない中国の戦勝式になぜ韓国が行くというのか(中央日報・韓国経済新聞)
「朴大統領、訪米日程を公式化後に中国戦勝式典出席を」(中央日報)
韓国政府が、来月3日に中国北京で行われる中国の抗日戦争勝利(戦勝節)70周年記念式に朴槿恵(パク・クネ)大統領が参加するかどうかをめぐり苦心中だという。青瓦台(チョンワデ、大統領府)が昨日「上海の大韓民国臨時政府庁舎の再開館式など諸般の事情を考慮して慎重に検討している」と明らかにしたままだ。ところが政府は数カ月前から出席する側に方向を定めていたという声が聞こえてきた。今も9月3日頃に予想される上海臨時政府庁舎再開館式が議論されているのをみれば、大統領の参謀は訪中の大義名分を探すのに腐心しているようだ。 (中略)

韓国の外交の動きはそれこそ危険だ。米国の反対を押し切って中国とのFTAと中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)を選んだ。米国ワシントンでは中国に近づく韓国と距離をおこうとする情緒がいつになく広まっている。環太平洋経済連携協定(TPP)加入がはるかに遠くなり、韓米日3角防衛協力を米日豪3角協力体制に変えるべきだという声が公然と出ている状況だ。それでもこうした親中外交で中国の対北朝鮮姿勢が変わったわけでもない。北朝鮮の核問題だけでも、中国はいまだ韓半島(朝鮮半島)の核問題だとねじって話している。「THAAD問題」も解決されていない。

それでも外交長官はこのようなジレンマをあきれたことに祝福だと自画自賛する。

かつて盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権が「反米はほどほどにしたらどうか」と言ったいわゆる「北東アジア均衡者(バランサー)論」を想起させる。韓国外交は日本との過去の歴史フレームに閉じ込められて自らを崖っぷちに追いやっている。
(引用ここまで)
政府内では、米国との関係だけが解決されるならば行くべきだという意見が多い。ただし政府の高位当局者は「白黒論式の選択の問題ではない」と話した。また「今後の状況を見れば訪米日程を再び決定しなければならず、9月末には主要国首脳が皆参加するとみられる創設70周年国連総会がある。10月頃には韓国がホスト役をつとめる韓中日首脳会議を推進している」として「中国の戦勝行事出席の有無を基準に、韓国の下半期の外交スケジュールが変わるかもしれない」と述べた。

専門家たちは周辺国との緊密な疎通を通じて韓国の立場を適切に知らせることが重要だと助言した。国立外交院のキム・ハングォン教授は「長期的に米中それぞれに開かれた姿勢を取ることが国益に役立つので、中国の戦勝行事に行く方向で検討した方が良いようだ」として「だが、この場合は延期した訪米日程を公式化するまで発表を先送りするなど『運用の妙』を発揮することが重要だ」と話した。中国の行事に参加するとしても、延期された訪米日程を再び確定して発表する手順を踏んだ後に公式化しようという意味だ。韓米同盟の重要性を鮮明に示すことによって国益外交の一環として推進される訪中の機会費用を減らせという話だ。
(引用ここまで)

 抗日戦勝パレード出席問題。

 同じ中央日報日本語版に掲載されている社説とコラムで「出席するな」と「アメリカに一言断りの言葉を入れてから出席しろ」とほぼ真逆の話が出ています。
 中央日報といっても、前者は「韓国経済新聞」のもので後者は「中央日報」の記事でかつ専門家の弁として記事を書いているだけなのですが。
 それでも、こんなところからも韓国の苦悩が見えてきて面白いですね。

 ちなみに中央日報のスタンスは中道やや保守。韓国経済新聞というか、その親会社の韓国日報のスタンスは中道やや革新。

 韓国経済新聞の社説の最後に、「まるでノ・ムヒョンのバランサー理論だ」って書いていますが、確かにあの頃の定見のなさを思い起こさせます。
 ただ、バランサー理論ってそんなに間違った話ではないのですけどね。
 アジアの中堅国が大国となった中国やアメリカ、EUの間をうまく取り持ち政治的な影響力を高く保ち続けるって話ですから。
 思想的には間違っていないし、そういう外交戦術があるべきでしょう。

 問題があるとしたらその外交戦術を繰り広げるために必要となる外交センスや他国からの尊敬、潮目の変わりを見計る視力といったようなものが韓国にはひとつもないくらいなものです。
 現状の中国とアメリカに踏み絵を突きつけられている状態を持って、外相から「韓国は大国からもてもてで困っちゃう」なんてコメントが出るのですから、お笑いのセンスはありなんですけどね。