<光復節演説>朴大統領「日本、慰安婦問題を早期に解決するべき」(中央日報)
朴槿恵(パク・クネ)大統領は15日、「日本政府は歴代内閣の歴史認識を継承すると公言したことを一貫して誠意をもって行動で支え、隣国と国際社会の信頼を得なければいけない」と明らかにした。

朴大統領はこの日、世宗(セジョン)文化会館で開催された光復(解放)70周年記念式典で演説し、「昨日の安倍晋三首相の戦後70周年談話は、我々としては残念な部分も少なくないのが事実」とし「日本の侵略と植民地支配がアジア諸国の国民に多大な損害と苦痛を与えた点と、慰安婦被害者に苦痛を与えたことに対し、謝罪と反省を根幹とした歴代内閣の立場が、今後も揺るがないことを国際社会に明確に示した点に注目する」と述べた。

特に朴大統領は「日本政府が日本軍慰安婦被害者問題を早期に適切に解決することを望む」と強調した。
(引用ここまで)

 安倍談話に対してパク・クネ大統領が論評を行ったのですが。
 もう、なにも言えていませんね。
 ぐうの音も出ない状態で、ようやく言えたのが「慰安婦問題を解決することを望む」と。

 「残念な部分がある」と言いながら、具合的にどこがそうなのかって言及できていない時点でもう負けなのです。
 まだ外交通商部長官(日本の外務省に相当)のユン・ビョンセからの公式コメントが出ていないのでなんともいえませんけども。
 最後に振り絞った言葉が「慰安婦問題を解決してくれ」って話なのですが。

 安倍談話で日本の立場はなんら変わることないのですよね。
 慰安婦問題はすでに解決済み。
 でも、それが分かっていても言及せざるをえなかった……ってところかなぁ。そこくらいしか言えることもないでしょうし。

 感情的に対応するのであればいくらでもできるのでしょうが。
 まあ、最低限としてそれはやらなかったってこと、ですか。