安倍談話:世宗研究所「コリア・パッシングは今後も持続」(朝鮮日報)
 日本の安倍晋三首相が発表した「戦後70年談話(安倍談話)」には、コリア・パッシング(韓国を素通り)の意識が表われているとして、留意するようにという指摘が出ている。

 世宗研究所のイ・ミョンウ研究員は18日「安倍談話の評価と今後の韓日関係」という文章を通じ「わが国が安倍談話について注目し、注意すべき部分は、バンドン会議(アジア・アフリカ会議、今年4月)や米国議会での演説で表われた、コリア・パッシングの意識が依然としてあるというころだ。このような意識は今後も持ち続ける可能性が高い」と主張した。

 イ研究員はその上で、韓国政府に対し「米国や中国だけ相手にしていれば、韓国は自然と付いてくるだろうという日本の誤った認識や高慢さを改めさせ、北東アジアや世界の安定に貢献するパートナーシップを韓国と共に形成するよう導いていくべきだ」とアドバイスした。

 イ研究員はまた「(このような取り組みは)決して容易ではなく、明瞭でもなく、気が乗らないものだが、歴史と安全保障、歴史と経済などを分離する冷徹さと忍耐が求められる」と付け加えた。
(引用ここまで)

 中国とアメリカとだけ交渉していれば、韓国は自動的にそれについてくる……というのはちょっと違っているかな。
 現在の安倍政権にとって韓国は「放っておいてもいい存在」なのです。

 安倍談話でも台湾に気を使い、東南アジアにもヨーロッパにもアメリカにも同様に気を使った物言いをしています。
 中国に対しては日本が対抗勢力として立つ準備があるという話をしています。
 でも、韓国に対してはなにもなし。

 ですが、それは別に安倍談話やアメリカでの議会演説だけがそうだったというわけではないのですよ。
 パク・クネを相手にして2年半、「ドアは開いている」とだけ言い続けてスルーしまくりでやってきたのです。
 その結果、問題はなにもなし。
 なので、これからの2年半も同様になることでしょう。

 コリアパッシングだと「(そばを)通り過ぎる」というような意味が入ってきてしまいますね。
 ちょっと意味合いが違う。
 あえて無視している、というのが実際のところじゃないでしょうか。

日本の決意
安倍 晋三
2014-10-24