「韓国初の女性首相」韓明淑氏の実刑確定(朝鮮日報)
 韓国大法院(最高裁判所に相当)は20日、建設業者から違法な政治資金を受け取ったとして政治資金法違反の罪に問われた韓明淑(ハン・ミョンスク)元首相(71)の上告審で、懲役2年、追徴金8億8300万ウォン(約9200万円)を言い渡した高裁判決を支持し、韓元首相の上告を棄却した。起訴から5年、大法院での上告審が始まってから2年にして実刑判決が確定した。

 最大野党・新政治民主連合で国会議員を務める韓元首相は、即座に議員職をはく奪された。検察は韓元首相に対し、21日午後2時までにソウル中央地検またはソウル拘置所で収監の手続きを踏むよう通知した。

 韓元首相は2007年に建設会社「ハンシン建営」のハン・マンホ元社長(54)から大統領選に向けた党内予備選資金の名目で3回にわたり計9億ウォン(現在のレートで約9400万円、以下同じ)余りを受け取ったとして、10年に在宅起訴された。ハン元社長は法廷で資金を渡したことを否定し、一審のソウル中央地裁は11年「ハン元社長の供述に一貫性がない」として韓元首相に無罪を言い渡した。だが、ソウル高裁は13年、供述は信用できるとして一審判決を破棄し、懲役2年、追徴金8億8300万ウォンの実刑判決を言い渡した。法廷拘束はしなかった。
(引用ここまで)

 以前に高裁で有罪を受けてから上告されたにも関わらず、一向に審理が行われない民主党議員で韓国初の女性首相ハン・ミョンスクのエピソードがありましたが。
 当時、「このまま国会議員の任期が切れるまで有耶無耶にするつもりではないか」という話まで出ていたほどでした。
 韓国の法曹界はかなりリベラルに浸食されていて、同じリベラルの有力議員であるハン議員を、少なくとも国会議員であるうちは有罪確定にしないのではないかともされていたのです。

 ようやく大法院(日本の最高裁に相当)での判決が出たそうですよ。
 懲役2年、追徴金8億8300万ウォン。執行猶予なしの実刑。
 けっこうきつい刑ですね。法廷で拘束→収監はなかったそうですが、まもなく収監されるそうです。国会議員資格も喪失するそうで。

 うーん、ちょっと前に経済界から請われて特赦でSK財閥の会長を釈放しましたが、パク・クネは原則として「非正常の正常化」を本気でやろうとしているのかもしれませんね。
 え、三権分立だから大統領は司法には手を出せないはず?
 なに言ってんですか、この判決が出たのは韓国ですよ。