韓国の若者10人のうち7人「一度失敗したら立ち上がれない」(ハンギョレ)
 ハンギョレ経済社会研究院が全国の19歳から34歳までの1500人を対象に行った「青年意識調査」によると、「韓国社会は努力に応じた公平な対価が支払われる」との回答が13.9%、「公正な対価が支払われていない」という回答が86.1%となった。また、「社会的な成功において親の経済的地位よりも自分の努力の方が重要だ」との回答は27.3%にとどまった一方、「親の経済的地位の方がより重要だ」との回答が72.7%に達した。

 敗者復活の機会を問う質問には、回答者の65.1%が「韓国社会では、一度失敗したら再び立ち上がるのは難しい」と答えており、「再び立ち上がれる」という回答は34.9%に過ぎなかった。また、「一生懸命に働いたら、上の階層に上がれる」という回答は22.7%にとどまり、「再び上がれない」という回答が77.3%だった。今回のアンケート調査は、今月3日から10日までインターネットで行われた、公正性、敗者復活、活力、自己肯定感、協働、連携、社会参加の七つの分野に分け、100点満点で指数化した。公平指数は20.6点、敗者復活指数は28.8点と算出された。ハンギョレ経済社会研究院のハン・グィヨン社会調査センター長は「他の分野の指数が少なくとも40点台で、高い場合は60点台に達するのに比べ、2つの指数は著しく低いレベルだ」と説明した。

 特に「親の経済的地位」による格差が目立った。親が中・上流層以上の若者たちの敗者復活指数は37.7点であるのに対し、下流層では半分以下の17.2点で急激に落ちた。公正指数も中・上流層以上では26.4点、下流層では18.6点だった。チョ・ソンデ韓神大学教授(国際関係学部)は、「親が金持ちの若者と、親が貧しい若者との間に『世代内格差』が、ほぼすべての調査項目で共通して現れた」とし「公正性と敗者復活の機会に対する不信感のレベルは『結果への承服』を期待するのが難しいほどだ」と分析した。
(引用ここまで)

 先日も「うそと不公平を排除しよう」という記事がありましたが、それに対して楽韓Webは「そのふたつは韓国の血と肉だろ」ってエントリを書きました
 これまで韓国はそうやって成長してきたのだから、もはやそれこそが「韓国の血と肉」なのです。

 下層から上に向かう階段は用意されていないことはない。でも、そもそもの「上層」となりえる財閥の上質な雇用は席自体が全雇用の4%にしか過ぎない。
 しかも、来年からの定年延長と、長引く不況で新規雇用の機会はどんどんと減っている。

 それをふまえた上でこうした「若者に聞いてきました」という数字を見るとしんどいですね。
 外から見るだけでもこんだけ疲労感を伴っているのに、実際にその渦中にいる若者は本当に厳しいでしょうね。

 低いスペックしか揃えられないのであれば、まだあきらめもつくでしょうけども。
 一番きついのは上の下くらいのスペックを揃えている人だろうなぁ……。そのスペックを揃えるために大金を投じても回収の目処がつかない

 物理学者がゴミ収集人になりたがる社会だもんなぁ……。
 ちなみに韓国と同じくらいに格差が開いているアメリカですが、それでも64%の人が「一生懸命働けば豊かになれる」と考えているそうです(ソース:2日くらい前のワールドビジネスサテライト)。
 それが実現するかしないかはともかく、希望があればそれだけでも人は生きられるのですよね。 

機動戦士ガンダム0083 Blu-ray Box
堀川亮
バンダイビジュアル
2016-01-29