朴大統領の抗日式典出席、南北対立激化でキャンセルの恐れも(朝鮮日報)
 来月3日に北京で開かれる「抗日戦争勝利・世界ファシズム戦争勝利70周年記念式典」に出席する朴槿恵(パク・クンヘ)大統領。韓国側が休戦協定違反として批判する北朝鮮による地雷爆発事件(4日)および砲撃事件(20日)など、北朝鮮による一連の挑発行為に対し、朴大統領は国内にとどまって陣頭指揮を執る必要があることから、来月3日の訪中に影響する可能性を指摘する声が政府・与党の一部からあがっている。

 与党・セヌリ党のある議員は「北朝鮮の挑発局面は長期化する可能性がある。その場合、朴大統領が国内を留守にして他国の行事に出席するのは難しくなる」と話す。同じくセヌリ党のハ・テギョン議員は21日、フェイスブックで「戦争が起きるかもしれない状況で大統領が自国を守らずに出国することはできない」とコメントした。
(引用ここまで)

 まあ、「南北で小競り合いがあるから」っていってキャンセルする可能性は多分にありでしょうね。
 ただ、政治的な意味からしてみればもう時すでに遅し、なのですけども。

 というのは、「パク・クネ大統領は訪中する」という発表をしてしまった後でしたからね。
 これがもしもまだ発表されていない段階であれば意味もあったのですが。
 そういうタイミングだったら、訪中するしない自体を有耶無耶することもできたでしょう。

 ですが、もうすでに「訪中して習近平の靴を舐めてくる」という発表をしてしまったわけですから。
 キャンセルしようがしまいが、政治的な意味はほぼゼロ。
 こういうところでもパク・クネは持っていないというかなんというか。
 あえていうなら「抗日戦勝パレード」への参加を表明していなかったんで、そこでは意味があるかなぁ……。いや、ほとんどないか。

 まあ、実際に訪中自体がどうなるのかはまだ分からない部分もありますけどね。