WTO提訴に韓国は徹底抗戦の構え=日本産水産物輸入規制(朝鮮日報)
 韓国産業通商資源部(省に相当)によると、日本政府は20日、韓国が日本産水産物の輸入禁止措置を取っていることについて、世界貿易機関(WTO)に正式に提訴した。

 産業通商資源部は「日本政府がWTOに対し、韓国政府の措置がWTO協定に違反しているかどうかを判断するパネルの設置を公式に要請した」と説明した。日本が問題視しているのは、福島原発事故を理由に韓国政府が2013年、福島など8県で生産される全ての水産物を対象に取った輸入禁止措置。産業通商資源部は「WTOで韓国政府の措置の正当性を主張していく。今後の紛争過程で日本の原発管理の適切性、日本産食品の安全性などについて徹底的に争う」と述べた。今後はWTOの場で韓日両国による激しい攻防が見込まれる。
(引用ここまで)

 正式に提訴されて、WTOのパネル協議。公式の場で話し合うということですね。
 ま、1年かそこらはかかるのが普通ですが、今回の水産物輸入規制は韓国人ですら「提訴されたら必ず負ける」っていっていたほどの無理筋。
 そもそもが「科学的な観点からいえば問題ない」って、この禁止措置命令をした海洋水産部長官(大臣相当)が言っちゃうレベル。
 要するに日本への嫌がらせだったのだけども、日本に道理を諭されるのはいやだって駄々をこねているだけなのですよ。

 政府単位でこんなことをやっているのに、「韓国の反日は個人に向けられていない、日本政府単位までの理由のある反日だ」とか言えちゃうんだから、すごいですよね。
 ま、徹底抗戦でも全面抵抗でもなんでもやってくださいな。
 普通に考えれば勝利は間違いないところなので。

 以前にも言いましたが、日韓関係が「普通の国同士の関係」になりつつある象徴が、このWTOへの提訴だといえるかもしれませんね。