FIFA会長選出馬の鄭夢準氏 公正な選挙管理求める(聯合ニュース)
国際サッカー連盟(FIFA)次期会長選挙に出馬したFIFA元副会長の鄭夢準(チョン・モンジュン)氏が、自身を批判する報道に反論すると同時に、FIFAが情報を流出させているとしながら、公正な選挙管理を求めた。

 鄭氏側は26日、報道資料を通じ、「鄭氏の人格や清廉さに問題があるという最近の報道は流された情報を根拠にしたもので、事実をゆがめている」とした上で、鄭氏はFIFAの倫理委員会から刑事上の容疑はもちろん、FIFAの倫理規定にかかわるいかなる疑いも受けていないという点を明確にするとした。

 米ブルームバーグは先ごろ、2010年の鄭氏のパキスタンに対する寄付金に関しアジアサッカー連盟(AFC)がFIFAに調査を要請したと報じた。鄭氏は洪水が起きたパキスタンに40万ドル(現在のレートで約4750万円)を寄付したが、ブルームバーグはFIFA副会長選挙を控えた時期だったと指摘した。

 また、2022年ワールドカップ(W杯)の韓国招致活動を行った際には、サッカーの発展に向けファンドを組成するとした公約が「FIFA執行委員に利権を提供したり葛藤(かっとう)を引き起こしたりする状況を呈している」と、FIFA倫理委員会から指摘されたこともあった。

 鄭氏側はFIFAが内部から流れたとしか思えない情報を流出させているとし、「次期会長選が歴代選挙でも類を見ないほどひどく操作される危険に直面している」と指摘した。
(引用ここまで)

 なるほど、なんとなく分かってきましたかね。
 全部推測ですが、こんな感じではないかと。

 続々とFIFAの大物がアメリカ当局の手で逮捕されていくに従って、チョン・モンジュンは自分にもその手が及んでくるのを恐れたんじゃないでしょうか。
 自分と同格であったジャック・ワーナーやエウヘニオ・フィゲレドといった副会長も逮捕されている。

 で、そこから逃れる手はFIFAのドンになることだと。
 トップになってしまえばなんであろうと簡単にできるって考えかたをしたのではないですかね。
 疑惑があれだけ浮上していながら、ブラッターはいまだに逮捕されていないわけです。
 それを考えたら唯一の生きる道がFIFA会長だったのではないかと。

 そう推理すると、どう考えても無理筋の会長選への立候補も、プラティニら他の会長候補への異常な攻撃も、日本サッカー協会へのあからさまな圧力のかけかたもうなづけるのですよね。
 そこにしか生きる道がなくなった男の悪あがきとして考えてみれば、なるほど納得できることなのです。

 でもまぁ、それで暴れすぎて「ちと静かにしておけ」っていわれて、さまざまな疑惑を暴露され続けているわけですが。
 イギリスも例の「これがサッカーだ」に関してまだ言いたいことは残っていそうですしね。

 なかなか面白いことになってきたかなー。