韓国の自殺率 OECDでワースト=日本は3番(聯合ニュース)
 経済協力開発機構(OECD)の加盟国のなかで韓国は自殺による死亡率が最も高く、自らを健康だと考える割合は最も低いことが30日までに、分かった。

 OECDが発表した「ヘルスデータ2015」によると、2013年を基準としたOECD加盟国の自殺による死亡率は人口10万人当たり12.0人だった。韓国(2012年基準)は平均を大きく上回る29.1人で、OECD加盟国のうち、最も高かった。2番目はハンガリー(19.4人)で、3番目が日本(18.7人)だった。

 1985年からの自殺率推移をみると、OECD加盟国のほとんどは減少しているが、韓国は2000年から増えている。日本も自殺率が高いが、2010年以降は減少傾向にある。

 また自身の健康状態が良いと思っている韓国人は少ないことが分かった。韓国は主観的な健康状態を良好と考える割合が35.1%で、OECD加盟国の中で最も低かった。OECD平均は68.8%だった。最も高いのはニュージーランドの89.6%だった。
(引用ここまで)

 10万人あたりの自殺率が30人前後で貼りついたままでピクリともしませんね。
 まあ、韓国の社会状況・経済状況は年々悪化しているので、目に見えて増加していないというのはある意味で減少していると言ってもいいくらいのものではありますが。
 特に韓国でしんどい高齢者層の状況はなにもよくなっていませんからね。
 あえて言うのであれば、デフレ気味で物価がそれほど上がっていないので暮らしは苦しくはなっていない……という感じかなー。
 悪化要因ではないというだけで、よくなってはいないので自殺率が変化していなくて当然ですが。

 OECDでトップ、それ以外の世界ランキングを考えてもトップクラスであるのは間違いないところ。
 WHOの統計を見るとギアナがダントツで高くて、韓国が2位。それをスリランカやリトアニアが小数点以下の数字で争っているという状況です。

 んで、国別の統計を見るとそれまでも低くはなかった韓国の自殺率が2009年に跳ね上がるのですよね。
 で「好況」であったはずの2010年(成長率6.5%)にもそのまま。
 つまり、この頃から経済成長があっても下層にまでは届かなくなっている。あるいは、届いたとしても苦しさが緩和されるほどではなくなっているってことなのでしょう。
 韓国のベビーブーマーの引退がはじまったのもこのあたりだったはずなので、やっぱり高齢層に収入がなくなっているのに、まっとうな年金制度がなかったというのが原因ですかね。
 でもってそれが一向に改善されていないのだから、自殺率もそのままと。
 ロジックは見えているのだから、改善すればいいと思うのですが、それをやったら韓国政府が破綻すること間違いなしですからね。
 それでなくとも税収が足りなくて、ここ数年は赤字国債発行を連発
 地方は地方で「無料給食とかもう無理っす」って泣き言が入っている状況。
 いくら公約といえど「増税なき福祉」が云々とか言ってる場合じゃないのですけどね……。

 しかも、この統計、まだパク・クネと政権がはじまっていない2012年のものなのですよね。

死にいたる病 (ちくま学芸文庫)
セーレン・キルケゴール
2013-10-25