産経新聞 韓国政府のコラム削除要求を拒否(聯合ニュース)
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領を朝鮮王朝時代の王妃・閔妃(死後に明成皇后)になぞらえ韓国で波紋を呼んでいる産経新聞のコラムについて、韓国政府が1日、産経新聞側に記事の削除を要求したが、産経側がこれを拒否した。

 在日韓国大使館関係者が同日、産経新聞側に抗議の意を伝え、記事の削除を要求したが、産経側は問題が生じたことについて「残念だ」とした上で、表現の自由などを理由に記事削除の要請を拒否したという。

 産経新聞政治部専門委員の野口裕之氏は8月31日、同紙電子版に掲載された「米中二股 韓国が断ち切れぬ『民族の悪い遺産』」と題するコラムで、9月3日に中国・北京で開かれる抗日戦争勝利70年を記念した軍事パレードに朴大統領が出席することを、朝鮮王朝時代から続く「事大主義」と主張。朝鮮時代にも朴大統領のような女性の権力者がいたとして閔妃を引き合いに出した。

 同コラムについて外交部の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は1日の定例会見で、「歴史歪曲(わいきょく)と歴史修正主義のDNAを持ち、過去の歴史に対して厚顔無恥な主張を日常的に行う日本国内の特定の人物とこれと関係する報道機関の根拠の無い記事に対し、政府として論評する価値はまったく感じない」と述べた。また「記事の内容も問題だが、そのような記事を載せた報道機関に対しても品格の問題があるのではないか」と指摘した。
(引用ここまで)

 最初に「論評する価値がない」って反応したのは外交通商部の報道官だったんですね。
 安倍総理の米国演説の前に「演説内で我が国に謝罪しろ!」って正式にコメントを出してしまって、負けを大きくしてしまったあの人です。

 「政府として論評する価値はない」って外交通商部報道官が定例記者会見で言ったら、もうその時点で論評しているというか、大反応しちゃっているのですよね。
 菅官房長官が記者会見で言っているのとほぼ同じですから。
 日本に対して勝とう勝とうという意識ばっかり強いから、こうしていらない負け幅を増やしてしまうのですよ。

 こんなん黙ってスルーしておけばなんの問題もなく、韓国国内で多少の話題になっても「政府としてこのコラムに対してのコメントはない」くらいでよかったのです。
 それをまあ、傷口を広げるだけ広げて放置されて終了。
 そもそもなにがしたかったのやら……。