産経新聞社説の妄言、朴大統領を「暗殺された閔妃」と比喩(中央日報)
極右指向の日本の産経新聞が、来月3日の朴槿恵(パク・クネ)大統領の中国70周年戦勝節閲兵式(軍事パレード)への出席を「事大主義」と批判した。

産経は31日、電子版プレミアムニュースで韓国を「『事大主義』が貫く外交」とし「李氏朝鮮も末期、清→日本→清→日本→ロシア→日本→ロシア…と、内外情勢変化の度に事大先をコロコロと変えていった」と主張した。あわせて「そのDNAを色濃く継承する韓国は、李氏朝鮮の再来を思わせる見事な『事大ブリ』を披露する」と妄言を展開した。
(引用ここまで)

 日本から眺めているとちょっと理解できないくらいに、このコラムの反響が韓国国内では広がっています。
 というか、うちもいまひとつ理解できないくらい。
 日本大使館前に抗議デモまで起きているっていう。

 でも、どの韓国の記事を見てもなにが悪いのかって書いていないのですよね。
 韓国(パク・クネ)が事大主義に陥っていると書いたことなのか。
 ころころとご主人様を変えるという話がダメなのか。
 (韓国人が言うところの日本政府に)暗殺された閔妃に比喩したことがダメなのか。
 コラムで長めに当時の状況を書いてしまって、閔妃が李氏朝鮮を亡国させた事実を韓国人に見せたのがよくないのか。

 「右翼紙の産経新聞がー」「妄言がー」って叫んでいるだけで、なにがどう気に入らないのかさっぱり不明。
 在日韓国大使館による抗議も「日韓関係に悪影響がある」とかいうふんわりしたものでした。

 最初に書いたように東アジアの歴史をちょっとかじっている人間であれば、今回の中国訪問が大院君〜閔妃による亡国政治に相似していることは自明の理。
 楽韓さんも指摘できるくらいなのですから。

 まあ、それを日本から指摘されるのが気にくわないっていうのであればそれはそうなんでしょうが。
 みんなが見ない振りをしていたのに、あっさり「あの王様、裸だよ!」って言われちゃったっていうのはあるのかもしれませんね。