抗日戦勝70年パレード 朴大統領は習主席の間近で参観(聯合ニュース)
中国・北京の天安門広場で3日午前、「抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年」記念式典が開催され、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が中国の習近平国家主席らと共に天安門城楼に上った。

 習主席の右隣に昔から中国と血盟関係にあるロシアのプーチン大統領が座り、朴大統領はその隣に着席して中国人民解放軍の軍事パレードを参観した。

 一方、北朝鮮の代表として出席した崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮労働党書記は城楼前列の端の方に着席し、中朝関係の変化を象徴的に示した。

 また、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長夫妻は習主席の右から5番目、6番目にそれぞれ座った。

 朴大統領はこの日午前9時半(日本時間同10時半)ごろ、習主席の左側に立ち城楼に向かった。団体での記念撮影の際には、習主席夫人の彭麗媛氏を挟んで習主席の左側に立った。

 撮影を終えて城楼に上る際には、習主席の左に朴大統領が、右にプーチン大統領がいた。朴大統領が移動中、習主席をはじめとする要人らと言葉を交わす姿も見られた。

 韓国青瓦台(大統領府)の関係者は「外国の首脳30人余りが集まった席で、習主席が朴大統領のすぐ横で写真を撮影し、前列に朴大統領の座席を設けたのは、大きな配慮であり、韓国の変化した地位を示すものだ」と話している。
(引用ここまで)

 シンシアリーさんも書かれていましたが、なにがどうなれば序列が上なのか。
 韓国ではこういういくつもの国が出席するイベントの場合にそれがもっとも大事な事柄となります。
 アテネオリンピックの開会式中継でKBS(日本のNHKに相当)で各国のひとりあたりのGDPを表示していましたが、あれも序列が気になってしかたがない韓国人の意識がなせる技です。

 まあ実際に古代の朝貢国同士の席順や序列というのは大きな意味を持っていました。日本は早々にその構造から離脱してしまったのであまりそういうものを気にする機会がないのですが。
 20世紀になるまで国家としての最大の懸案事項が序列であった韓国には意識の奥底からそういう属国根性が植え付けられているのでしょう。

 で、今回は中国からの序列がロシアの次になった、そして世界大統領であり、韓国の次期大統領候補のパン・ギムンも5番目の格付けになった。

 韓国人の頭の中ではまさに大出世といっても過言ではありません。
 まあ、そりゃ大々的に報道もするでしょうね。いわば、国家的な慶事ですから。

 日本としてはそういう古代からの序列意識・属国意識についていけないっていう話なのですが。
 その価値観を日本にも押しつけようとするので閉口するのですよね。