(朝鮮日報)
 韓国最大野党・新政治民主連合の李竜得(イ・ヨンドゥク)最高委員が4日、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領と与党セヌリ党の金武星(キム・ムソン)代表について「独立運動家が出てきたら、鉄パイプを振りかざす対象は自分たちだということを肝に銘じるべきだ」と発言し、これが「暴言」として問題になっている。韓国労働組合総連盟(韓国労総)委員長出身の李最高委員は4日、党最高委員会議で「朴大統領にしろ金代表にしろ、一度も履歴書を書いたことがない人たちだ。経済成長に微塵も寄与していない人たちが、経済成長の主役を務める労働者を責めて、たわごとを言い続けている。光復節(日本による植民地支配からの解放記念日、8月15日)も過ぎたが、お二人の先祖は何とおっしゃったのか」と発言した。

 金代表は今月2日、国会の交渉団体代表演説の後、記者会見で「強硬な労組が違法ストにふけり、公権力が投入されたら公権力を鉄パイプで殴った。そんなことがなかったら(国民所得)3万ドル(約357万円)を超えていた」と発言しており、李最高委員の言葉は金代表のこの発言を意識したものだ。

 李最高委員は「朴大統領は連日『父をクビにして息子・娘を雇用したい』という、話にならないことを労働改革だと言っている。金代表は、労・労間の争いをたきつけている。どうして、労働者の鉄パイプのせいで国民所得3万ドルが実現できなかったと言えるのか」と語った。

 これに対し、セヌリ党の金栄宇(キム・ヨンウ)スポークスマンは「大統領や与党代表に対する極悪な言語テロは、政治を離れた人格の問題。最高委員職から退くべき」と発言した。
(引用ここまで)

 韓国人の価値観としては正しい発言だと思いますけどね。
 これまで実際に「親日派(チニルパ)だ!」って糾弾してきて、財産を没収してきたのですよ。事後法で連座制だけども。
 それ以外にも「チニルパ」認定の本人にも、そして子孫にもいろいろと不都合を背負わせてきている。

 それを普遍的に適用するのであれば、高木正雄中尉の子孫は糾弾されて当然なのですよね。士官として韓国国民を苦しめてきたはずなのですから。

 そもそも「法の適用」と、「チニルパ糾弾」自体が矛盾しているので普遍的な適用なんてできるわけないのです。
 でも、韓国人の価値観としては「独立運動家から襲撃されてもおかしくない」っていう発言自体はなんら間違っていない。
 野党から見てみたら「なんであっちのチニルパは糾弾されて、こっちはそうじゃないんだ」って話です。

 ま、権力・財力があれば叩かれないという、もうひとつの韓国の原則に従っているだけなのですけどもね。
 古田教授が「韓国は近代のさなか」という発言をしていますが、それはこういう「相手の権力や財産によって対応が異なる」という部分も大きいのでしょうね。
 近代以前の意識を引きずってしまっている。
 その意識というのは、とても中国のそれと似通っている。
 そういう意味でも中国と韓国はお似合いのカップルだと思いますよ。