朴大統領の軍事パレード出席に米国が不快感(ハンギョレ)
 朴槿恵(パク・クネ)大統領が中国の「抗日・反ファシスト戦争勝利70周年記念式典」に出席したことついて、米国国務省の公式の反応とは裏腹に、ワシントンはかなり否定的な雰囲気だ。  マーク・トナー国務省副報道官は3日(現地時間)の定例ブリーフィングで、「地域内の他の国とどのような関係を結ぶかを決めるのは韓国の主権事項」という従来の立場を再確認した。米国務省は、これまで朴大統領の戦勝記念式典への出席を「尊重する」という態度を維持してきた。

 しかし、ワシントンのあるシンクタンクの専門家は、匿名を条件に「朴大統領の戦勝式典への出席について、ワシントンの全般的な雰囲気はかなり否定的」だとし「一部では『ブルーチームにいるべき人がレッドチームにいる』とまで言っている」と伝えた。ブルーチームは「わがチーム」、レッドチームは「相手チーム」のことを指す言葉で、国防部では「味方」と「敵」の意味で使う場合もある。それほど朴大統領の戦勝記念式典への出席を深刻に受け止めているということだ。

 中国の軍事パレードと関連して、トナー副報道官は「私たちは、中国が記念行事を主催する権利と権限に疑問を呈したり、挑戦したいわけではない」としながらも、「和解と癒しを強調する行事を望むという点を中国と共有してきた」と強調することで、今回の行事の“日本叩き”的な側面について、遠回しで不満を示した。ピーター・クック国防省報道官も「(パレードは)私たちのスタイルではない。米軍は世界最強だ。軍事パレードで私たちの能力を見せつける必要はない」とし、中国の武力誇示を皮肉った。
(引用ここまで・太字引用者)

 そりゃ、そうだ。
 国家元首レベルでは誰も出席しなかった西側諸国の中、唯一韓国だけが出席。
 NATOや米州機構といったアメリカの同盟国からはひとりも国家元首クラスの出席はなかったのですよ。
 もちろん、個別の軍事同盟を結んでいる日本、フィリピンは言うまでもなく。
 ただ韓国だけを例外として。

 究極的には「外交はその国の専任事項」であって、干渉できないのは当然のことです。
 でも、その行動を快く思うか否かまではまた別ですからね。

 今回のパク・クネの行動が利敵行為を超えた、敵対行為であると思われてもしかたないところです。
 何十年後かに歴史を俯瞰したときに、「あの頃、中国とアメリカの覇権争いで韓国がアメリカを裏切ったんだよなー」っていう話になるでしょうが、そのピンポイントな出来事が今回の抗日戦勝パレードになるんでしょうね。

裏切り
カーリン・アルヴテーゲン
小学館
2015-06-19